創作小話『科学的に怪しい本を紹介したブロガーとニセ科学批判者』(追記あり)

 ブロガーのAさんが、お気に入りの本を紹介しながら言いました。「罵倒芸の論者たちに朗報である」
 「この本によれば、あの罵倒芸イオンは実在するらしい」
 「罵倒芸イオンを摂取した罵倒芸の論者は、disの能力が三倍になるそうだ」
 「詳しく知りたい罵倒芸の論者は、私が薦めるこの本を読みたまえ」

 すると、ニセ科学批判者のBさんが現れて言いました。「いまのところ、罵倒芸イオンの実在は確認されていません」
 「以前に私は罵倒芸イオン実在説の提唱者と議論したことがありますが、提唱者いわく、」
 『世の科学者たちが見つけようとしていないだけであり、この広い宇宙空間のどこかに必ず罵倒芸イオンは実在する』
 『さあ宇宙へ行け、罵倒芸イオン探しの旅へ、悪魔の証明と共に!』
 「という有り様でした」
 「というわけで、その本を紹介するのはやめたほうがよろしいです、Aさんのブロガーとしての信頼が低下しますから」

 Aさんは反論しました。「私に対するアラ探しはやめたまえ、貴公は世の低リテラシーの者どもに正しい科学の知識を説いて回っておればよいのである」

 中立の傍観者を名乗るCさんも現れて言いました。
 「Aさんには、罵倒芸イオン実在説の本を読む自由があり、かつ信じる自由がある」
 「Aさんには、罵倒芸イオン実在説の本を自ブログで紹介する自由がある」
 「ゆえにB氏には、Aさんの言動にあれこれ口出しする権利がないという理屈になり、Bさんは永遠の沈黙を保っているべきという理屈になる」

 それでもめげずにBさんは批判を頑張りました。
 「Aさんを説得できる可能性は低いかもしれないが、Aさんのブログの愛読者たちには私の言い分が伝わるはずだ」

 Aさんのブログの愛読者たちは感想を述べました。
 「Aさんは凄い、B氏のいちゃもんに余裕で対応している」
 「考えてみれば当然だ、Aさんは罵倒芸イオン実在説の本を一人で勝手に信じているだけだ、誰にも迷惑をかけていない、Aさんに落ち度は一つもない」

 それを聞いたBさんは、悲観しました。
 「私の言い分はオーディエンスにすらも伝わらないのだ、このうえは引退するしかない」

 言い終えたBさんは、「無力感に包まれた元ニセ科学批判者を暖かく受け入れてくれる桃源郷」を求めてネットの果てに旅立ちました。

 【教訓】この話は、ネット上で他人に向かって、「あなたが好意的に紹介している本の内容はニセ科学ですよ」と指摘する行為に加えて、「ニセ科学的な本をネット上で好意的に紹介することはやめたほうが良いですよ」というアドバイスまで実行した場合、説得に失敗する可能性が二倍になるという現実を明らかにしています。

 (この記事は、以下のツイート群にインスピレーションして作りました)
 ダルビッシュ有(Yu Darvish)さんのツイート
 タンパク質というのは何もアスリートだけに必要なものではない。
 この本オススメです^_^

 高タンパク健康法 (健康基本知識シリーズ1) https://www.amazon.co.jp/dp/4872426622/ref=cm_sw_r_cp_api_i_X1CuCb5A016TK


 みおつくし a.k.a 論文ニキさんのツイート
ダルビッシュ有さん…それトンデモ本ですよ…エビデンスないですよ…


 ダルビッシュ有(Yu Darvish)さんのツイート
人のアラ探してないでご自分が成長して皆さんに正しい栄養学を教えてくださいね。


 ダルビッシュ有(Yu Darvish)さんのツイート
 「三石巌氏は長く研究されているようですが、論文がありませんのでトンデモです。」

 多分あなたがトンデモだと思いますよ。。


 みおつくし a.k.a 論文ニキさんのツイート
 なぜです?


 ダルビッシュ有(Yu Darvish)さんのツイート
 論文を書いていないからトンデモだという謎理論を当たり前かのように言うからです笑


 みおつくし a.k.a 論文ニキさんのツイート
 書いていないからではなく、論文に基づいていないからトンデモなんですよ。
 また、三石巌氏の治療が事実なら論文になっていますよね。なのに論文はありません。そのためトンデモです。


 ダルビッシュ有(Yu Darvish)さんのツイート
 本人が書くつもりなければ論文にならないでしょう笑


 ダルビッシュ有(Yu Darvish)さんのツイート
 みんなあなたの価値観持ってないですよ笑


 みおつくし a.k.a 論文ニキさんのツイート
 論文に基づいたものと論文に基づいていないものがあれば、
 論文に基づいたものが優先されます。
 三石巌氏が正しかったら、食事摂取基準に反映されてますよ。

 食事摂取基準(USA)
 https://www.nal.usda.gov/fnic/dietary-reference-intakes
 日本人の食事摂取基準


 hosokilove0 さんのツイート
 論文を盲信するのもどうなのでしょうか…
 恣意的に歪められた論文を信じ込んで60年間も誤った認識を持っていた砂糖。
 ノーベル賞受賞の本庶教授も「科学誌の説も10年経ったら残って1割」と、“自分の目で確かめること”の大切さを述べられています。


 ダルビッシュ有(Yu Darvish)さんのツイート
 こんなんもあるんだなー!
 むしろ論文あるほうが怪しいんじゃないか笑


 みおつくし a.k.a 論文ニキさんのツイート
 論文の蓄積と相互批判でしかエビデンスは成り立ちません。
 「科学誌の説も10年経ったら残って1割」というのも10年間の他の論文による批判によって成り立っています。


 SekiTaiseiさんのツイート
 Evidence, Clinical expertise, Patient value. 科学者や治療家はEvidenceを元に情報を提供するのが役割であって、決断を下すのはクライアントの役割。何の情報の取り入れ、利用するか。それはクライアントの役割であって、そのpatient valueをリスペクトできない人はそもそもの関係性が分かってない。


 みおつくし a.k.a 論文ニキさんのツイート
 個人の自由を尊重するためにも、適切な情報としてエビデンスを提示するのは必要ですね。


 SekiTaisei‏さんのツイート
その適切な情報を提示するのは科学者や治療家の役割であって、ダルビッシュさんが自分の価値観で情報を発信するのはダルビッシュさんのvalueでありそこにみおつくしさんが介入する所ではありません。


 SekiTaisei‏さんのツイート
なので、トンデモやエセ科学と明らかにするのはみおつくしさんの仕事であって、どんな情報であろうがダルビッシュさんには取り入れ、利用する自由があります。それが科学者や治療家達にとってはエセやトンデモ科学でもそれがダルビッシュさんにとって良ければいいんです。


 みおつくし a.k.a 論文ニキさんのツイート
 三石巌氏の「治療法」を信じて標準治療を拒否する人が出てきた時はどうすればいいのでしょう。

 例えば、この小児急性白血病の患者さんの事例を信じるのは危険ですよね。
 https://m.facebook.com/100003189999578/posts/1206714392778216/


 ダルビッシュ有(Yu Darvish)さんのツイート
論文ニキやばいわ


 研修医A‏さんのツイート
言ってることは間違っていない。でも彼の矛先になってしまっている科学者達が普段から戦っている姿には涙ぐましいものがある。彼らが何よりも避けたいのは非科学的な論調が広がって、患者や一般の人が害を被ることなんだ。不器用で理詰めだからバズると嫌われるけど、僕は科学を推す先生達は善だと思う


 研修医A‏さんのツイート
今回のダルビッシュの書籍問題とは直接繋がらないけれど、心無い人が非科学的な論調を広めて、まっすぐな患者さんが被害を被る姿は医療者にとっては珍しい光景じゃないから。
そうして救えるはずだった命が失われてしまうことさえ、現実でままあることなんて、僕だって信じたくもない。


・・・・・
追記】「中立の傍観者を名乗りながら世のニセ科学批判者たちにダメ出しして自分一人の勝ちを収める方法」を探求している私としては、SekiTaisei‏さんのツイート群が参考になった。
 読者様におかれては、近い将来に私が、「科学素人には、科学的に怪しい本を信じる自由がある、そして科学的に怪しい本を好意的にネット上で紹介する自由もある」
 「ゆえにニセ科学批判者たちは、どこぞのネット上で誰かがニセ科学的な説を好意的に紹介していても、黙って見ているしかないという理屈になる」
 「そんなのいやだ、指摘せずに黙っているなんて耐えられないと思ったニセ科学批判者は、引退すればよい」
 「そうすれば、ニセ科学批判活動における喧騒と無縁の安楽な隠居生活を送れる」
 と言い始めた時は、「SekiTaisei‏さんの主張をアレンジしてパワーアップしたニセ科学批判批判を実行しているな」という感じで受け止めてください。

創作小話『批判的な態度はやめるべきと述べたブロガー』

 ニセ科学問題については中立の傍観者だと名乗るAさんが、自ブログで主張しました。
 「最近のネット上は、ニセ科学批判だとか、ニセ医学批判だとか、罵倒芸イオン批判だとか、」
 「なにかと批判的な言論を発信する者が多くなったが、これはダメな傾向である」

 「批判の相手がモヒカン的な思考の人ならばともかく、そうでもない人が相手だった場合は、100パーセント反発されて、『だれがニセ科学批判者と話をするものか!』と言われて、対話が物別れに終わる」

 「優しい言葉を発信すれば、たとえ相手が頑固なニセ科学擁護者であっても、気持ちが打ち解けて、暖かい雰囲気が生まれて、対話がすいすい進んで、相互理解に至って、オフ会の約束をして終わる」

 「というわけで、今日からニセ科学批判者たちの諸君は、批判的な態度を永遠に封印したまえ
 「できないのであれば、引退してネット上から消えたまえ

 聞き終えた一人のニセ科学批判者が、意見しました。
 「まずは、Aさんが批判的な態度を封印してください」
 「そうすれば、Aさんの言葉に説得力を感じて賛同を表明する読者が、一人くらいは現れると思います」

 【教訓】これは、初めに手本を示してからニセ科学批判批判を実行すると、そうしない場合よりもニセ科学批判者たちの感心を生み出せるというお話です。

創作小話『中立の傍観者を名乗って銭をもうけたニセ科学推進者』

 流れのニセ科学推進者が、ある村を訪れてインチキ商売を始めようとしました。

 しかし、村にはニセ科学批判者たちが居たので、「このままでは邪魔されて失敗に終わる」と考えたニセ科学推進者は、
 中立の傍観者を名乗り、ニセ科学批判者たちに対するネガティブキャンペーンを実行しました。

 その結果、村人たちはニセ科学批判者たちの話を聞かなくなり、おかげでニセ科学推進者のインチキ商売は成功に終わりました。

 【教訓】このように、「ニセ科学問題においては中立の傍観者です」と名乗る人たちの中には、
 「ニセ科学問題など、どうでもよい。とにかく私は、自分が気にいらないニセ科学批判者たちを貶すだけ」というタイプの論者が紛れ込んでいます。
 それを見極めたうえで話を聞いてあげましょう。

創作小話『悪しき相対主義者の話に怒った傍観者』

 モヒカン的な論者が、ニセ科学的なブログを徹底的に修正して閉鎖に追い込みました。

 傍観していたAさんは、天に居る空飛ぶスパゲッティ・モンスターに向かって疑義を呈しました。
 「あのブログでは、一人しかダメな論者が居なかったにもかかわらず、ブログごと消し去るとは、やりすぎではないか?」

 すると、悪しき相対主義者が現れて、Aさんに言いました。
 「あのモヒカン的な論者が、ニセ科学的なブログを閉鎖に追い込んだ行為と、傍観していただけで済ませたAさんの行為は、相対的に同じです」
 「ゆえに、モヒカン的な論者にダメ出しする行為は、Aさん自身にダメ出しする行為と同じです」

 それを聞いたAさんは、怒りました。「あのモヒカン的な論者と私を同列に語るとは、許さんぞ!」
 Aさんは、悪しき相対主義者のブログに乗り込んで、散々に修正して閉鎖に追い込みました。

 空飛ぶスパゲッティ・モンスターが現れて言いました。
 「どうだ、これでもまだ、モヒカンがニセ科学的ブログを閉鎖に追い込んだ行為は、間違っていると言うつもりか」

 【教訓】これは、他人の批判の仕方に文句をつけたあと、自分も似たような批判の仕方を見せて得意顔している人に聞かせてあげるお話です。

創作小話『ニセ科学批判者に文句を2回言った者』

 ニセ科学批判者が、ある村を訪れてニセ科学の危険性を説教しました。
 村人のAさんが、反論しました。
「そんな説教は無駄だから、やめるべきだ」
 「私は賢いからニセ科学などには騙されないし、そもそもこの村にはニセ科学など流行っていない」

 ニセ科学批判者が村を去ると、流れの詐欺師が来てニセ科学製品を売り始めました。
 ニセ科学製品は大いに流行り、村のインフラもニセ科学製に作り変えられました。

 ニセ科学に囲まれた生活を送りながら、Aさんは言いました。
「この状況は、ニセ科学批判者の怠慢によって作り出された」

 【教訓】これは、ニセ科学批判者が活動していると文句を言い、ニセ科学批判者が休んでいても文句を言い、
 結局なにをどうやっても文句を呈する人が一定数いるという現実を明らかにしています。

創作小話『ニセ医学を擁護して実践して感想を述べた者』

 その主人公であるAさんは、ニセ医学を唱えるブロガーが批判にさらされている状況を目撃して、不満を覚えました。
 「批判している人たちはおかしい、あのブロガーは個人的な感想を述べたにすぎない」

 そこでAさんは、ニセ医学を唱えるブロガーの熱心な支持者となり、自分でも数多のニセ医学を実践しました。

 しばらくして体調が悪くなったAさんは、意識が遠くなりながら感想を述べました。
 「私は、見知らぬ他人のために擁護の論を張ってあげたし、自分自身の体でニセ医学の実態を世間に知らしめてあげたし、」
 「畳の上で長らく横になって休むことができたし、もう思い残すことはない」

 【教訓】この話は、周囲の人たちはともかく、ニセ医学を信じている本人は幸せな時間を過ごして眠れるということを、例えています。

「もしも古株のニセ科学批判者が、『Ζガンダム』のワンシーンを間違って覚えていたら」と考えました

 シロッコ:「地球上でニセ科学の蔓延を阻止できなかったニセ科学批判者どもに、何ができた?」

 シロッコ:「常に科学素人たちのブックマークを掴んできたのは、まともな科学とニセ科学をごっちゃにして語る、一握りの悪しき相対主義者だ!」

 カミーユ:「僕と観測範囲が違う!」

 シャア:「カミーユ、絶対の傍観者を名乗って高みの立ち位置から我々の活動にいっちょ噛みするシロッコなど、相手にするな!」

 カミーユ:「いやだ、あんなニヒリズムに落ちた大人、僕が修正してやる!」

 ハマーン:「科学コミュニケーションの専門家を自称しながらも、科学者集団と大衆の間を分断することに勤しむシロッコは、ネット上から排除すべきだ!」

 シャア:「これが、若い世代のニセ科学批判か」

 ロザミィ:「見つけた、時代に追いつけなかったおじさん♪」

「もしもアニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』の登場人物であるハプウさんが、悪しき相対主義者と対峙したら」と考えました

 ナレーター:「ハプウが運営しているブログのコメント欄に、悪しき相対主義者が現れました」

 悪しき相対主義者:「ニセ科学とまともな科学は、相対的には同じです」

 ハプウ:「なんじゃ、おぬし? あやかしか?」

 悪しき相対主義者:「あやかしとまともな科学は、相対的には同じです」

 ハプウ:「話が通じぬ……さては荒らしじゃな?」

 悪しき相対主義者:「荒らしとまともな科学は、相対的には同じです」

 ハプウ:「荒らしは成敗してくれるわ、ゴルーグ、ラスターカノンじゃ!」

 ゴルーグ:「ゴー、ルー」

 悪しき相対主義者:「ラスターカノンとまともな科学は、相対的には同じです」

 ナレーター:「ラスターカノンの効果は、いまひとつでした」

 ハプウ:「ほう、荒らしのくせに耐えるとはのう……しかし次で終わりじゃ、バンバドロ、10まんばりきじゃ!」

 バンバドロ:「ヒヒーン」

 悪しき相対主義者:「10まんばりきとまともな科学は、相対的には同じですって、ぐは!?」

 ナレーター:「10まんばりきの効果は、ばつぐんでした」

 悪しき相対主義者:「やな心象ーっ」

 ナレーター:「吹っ飛びながら退場しました」

 ハプウ:「どうじゃ、荒らしをすればどうなるか分かったであろう、二度とわらわのブログに来るでない」

 サトシ:「なにあのブログ主、すげー強いじゃん、さっそくdisバトルを申し込もうっと」

 ナレーター:「このような経緯でサトシはハプウの存在を知ったのでした」

「もしも罵倒芸の論者が、アニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』でマツリカさんが登場する回の内容を間違って覚えていたら」と考えました

 ナレーター:「その日のサトシさんは、ベベノムとロトム図鑑を連れて、市場へ買い物に出かけていました」

 サトシ:「買うべきものは、愚問の実と、煽りの実と、痛罵の実と」

 ロトム図鑑:「違うロト、『モモンのみ』『ヒメリのみ』『チイラのみ』ロト」

 ベベノム:「べー?」

 ナレーター:「ベベノムが、絵を描いている女性を発見しました」

 サトシ:「絵を描いているおねえさん、こんにちは! じゃなかった、アローラ!」  

 マツリカ:「お、おう……アローラ、アローラ」

 サトシ:「disりながら絵を描いていたんですか?」

 マツリカ:「いや、disりながら絵を描く趣味は、ない」

 サトシ:「おねえさんの頭に乗っているポケモンの名前は、アクジキングですか?」  

 マツリカ:「いや、アブリボン。パートナーなんだ」

 サトシ:「へえ、どんな能力を持っているポケモンなの?」

 ロトム図鑑:「僕が答えるロト。アブリボンは、人間の内なる心を読み取れるロト」

 サトシ:「そうなんだ、じゃあアブリボン、俺の内なる心を読んでみて」

 アブリボン:「ぼぼぼぼ、ぼーん」

 マツリカ「お、おう……」

 サトシ:「なんです?」

 マツリカ:「なにも読み取れない、なにも考えていない頭……とアブリボンは言ってる」

 サトシ:「なにも考えていない頭? つまり、無の境地を悟っているんだな、俺ってすげー」

 ロトム図鑑:「違うロト、サトシはアブリボンからdisられたんだロト、名前をアクジキングに間違えられた仕返しロト」

 サトシ:「それはそれですごいじゃん、アブリボン、もっとdisを披露してよ」

 アブリボン:「ぼん、ぼーん」

 マツリカ:「これ以上はダメ、絵ができた後ならいい……と言ってる」

 サトシ:「わかりました、絵ができるまで待ちます」

 ラップ:「キュートなアブリボン、発見!」

 ナレーター:「スカル団の下っ端が現れました」

 ラップ:「兄貴ぃ、あのアブリボン、あたい欲しいぃ」

 タッパ:「ああ? やめとけ、あんな弱そうなポケモン」

 ジップ:「そのとおりっスカ、戦力の足しにもならないっスカ」

 アブリボン:「ぼぼぼぼ、ぼーん」

 マツリカ:「戦力の足しにならないのは、あなた達のほう……とアブリボンは言ってる」

 ラップ:「え?」

 アブリボン:「ぼぼぼぼ、ぼーん」

 マツリカ:「あなた達は、カキのZ技に負けた過去がある、イリマのZ技に負けた過去がある……と言ってる」

 ジップ:「なんで知ってるんスカ?」

 アブリボン:「ぼぼぼぼ、ぼーん」

 マツリカ:「ロケット団の下っ端、ムサシ、コジロウ、ニャースとZクリスタルの争奪戦をしたとき、あなた達は負けている……と言ってる」

 ジップ:「だから、なんで知ってるんスカ、初対面のはずっスカ」

 アブリボン:「ぼぼぼぼ、ぼーん」

 マツリカ:「いきがるわりに勝率はゼロ、今日も、いきがった時点で、あなた達に負けフラグが立つ……とアブリボンは言ってる」

 タッパ:「なにい? ほ、ほう、事実を淡々と言いながらも、痛いところをしっかり突いてくるとは、なかなかできるアブリボンだぜ」

 ジップ:「兄貴、感心している場合じゃないっスカ」

 ラップ:「言われっぱなしで悔しいぃっ」

 タッパ:「ようし、俺達の本当の実力を見せてやろうぜ、ヤトウモリ、どくどく!」

 ジップ:「ダストダス、ベノムショック!」

 ラップ:「ズバット、エアカッター!」

 サトシ:「おい、三対一のポケモンバトルは卑怯だぞ!」

 ベベノム:「べべべべ!」

 タッパ、ラップ、ジップ:「痛たたっ、うわあー」

 ナレーター:「スカル団の下っ端たちは、ベベノムの技を受けて吹っ飛んで、退場しました」

 ロトム図鑑「今の技は、みだれづきロト」

 サトシ:「さみだれ式の気づき? 初めて聞く技だ」

 ベベノム:「べーベ♪」

 ナレーター:「このような経緯でベベノムは『みだれづき』を覚えたのでした」

創作小話『空飛ぶスパゲッティ・モンスターから【後釣り宣言発生装置】を預かったブロガー』

 空飛ぶスパゲッティ・モンスターが、過疎ブロガーのAさんに【後釣り宣言発生装置】を預けたあと、どこかへ行ってしまいました。
 その【後釣り宣言発生装置】は、一日に一度「後釣り宣言のコメント」を作ってアウトプットしました。
 おかげでAさんは、どんな議論にも最終的に勝ってしまうブロガーとして有名になりました。

 喜んだAさんでしたが、若干の物足りなさも感じました。「もっと有名になりたいな」
 「そうだ、【後釣り宣言発生装置】の中には、後釣り宣言のコメントがたくさん入っているに違いない」
 「それを全て取り出して、一気に使ってしまおう」
 「そうすれば、私はすぐに世界級のブロガーとなれるのだ」

 さっそくAさんは、【後釣り宣言発生装置】のカバーを開けました。中には、作成途中の後釣り宣言のコメントが一つありました。
 当てが外れたAさんは、がっかりしながら【後釣り宣言発生装置】のカバーを閉めました。

 その後、【後釣り宣言発生装置】は後釣り宣言のコメントを、いつまでたってもアウトプットしませんでした。
 そのために、どんな議論でも最終的に勝てなくなったAさんは、聴衆の関心を失い、たちまち過疎ブロガーに戻ってしまいました。

 Aさんが嘆いていると、空飛ぶスパゲッティ・モンスターが現れて言いました。
 「その【後釣り宣言発生装置】のカバーを人間が開けた場合、内部機構にロックが掛かり、人間の科学力では再起動できない仕様となっている」
 「ゆえに、人間のお前がカバーを開けようなどと試みてはいけない」

 『教訓』これは、せっかく訪れた幸運も欲張りすぎの行動を見せると逃げてしまうというお話です。