創作小話『逆張りとしてニセ科学擁護を勧めた科学素人ブロガー』

 その科学素人ブロガーであるAさんは、何気なくニセ科学擁護の記事を書きました。
 すると、たくさんのモヒカン的な読者が現れて、批判のコメントを続々と送ってきました。

 初めてのブログ炎上に戸惑ったAさんでしたが、ふと事態を打開する案が頭に浮かびました。

 さっそくAさんは、他の科学素人ブロガーたちを集めて言いました。
 「逆張りとして、ニセ科学擁護の記事を山ほど書くことを、皆さんにお勧めします」
 「そうすれば、皆さんの過疎ブログにたくさんの友好的な読者が現れて、ポジティブなコメントを続々と送ってくれます」

 他の科学素人ブロガーたちは言いました。
 「Aさんの魂胆は、わかっています」
 「私たちのブログを炎上させて、相対的にAさんのブログの印象を薄めることが目的なのでしょう」
 「というわけで、Aさんはネットモヒカン族の批判を今後も一身に受けていてください」

 『教訓:この話は、自分に送られてくる批判を他に分散させようと企んでも必ず失敗するということを教えています』

創作小話『良いdisと駄目なdis』

 その昔、ネット上で【良いdis】たちと【駄目なdis】たちが論争していました。
 【駄目なdis】たちは、人格攻撃や論点ずらし、わら人形論法や後釣り宣言を駆使して、論争に勝ちました。

 ネット上を追い出された【良いdis】たちは、空飛ぶスパゲティ・モンスターに今後の身の振り方を相談しました。
 空飛ぶスパゲティ・モンスターは言いました。
 「このままお前たちが再戦を挑んでも、結果は同じだろう」
 「一人ずつ、そっと静かにネット上に赴きなさい」

 このために、【駄目なdis】はネット上の至るところで目撃されるのですが、【良いdis】はほんの少ししか見えなくなったのです。(完)