創作小話『小さな科学的間違いを見逃してくれと言った者』

 科学的に間違ったブログ記事を書いたAさんは、苛烈なニセ科学批判者に発見されたので、お願いしました。
 「この記事は、ほんの小さな間違いしか含まれていません」
 「近い将来に、もっと大きな間違いが含まれた記事を書くと思いますので、今回は見逃してください」

 苛烈なニセ科学批判者は答えました。
 「あなたが近い将来に大間違いの記事を書くというのは、ありそうな話です」
 「というわけで、あなたの科学的な間違いが小さい今のうちに、徹底的に批判して正しておきます」

 【教訓】この話は、ニセ科学が社会に広くはびこる前の小さな芽の状態で摘んでおけば、ニセ科学批判の労力が比較的すくなくて済むという現実を明らかにしています。

ネタのお言葉『われ、日に我がdisを三省す』

 この言葉は、あの「吾日に我が身を三省す」の罵倒芸版である。
 【意訳】
 私は、ネット上の他所の議論に参加したあと、投稿したdisコメントの内容を3つチェックしている。
 『チェック、その1
 他の論者たちの利益になるdisを述べていたか。
 自分ひとりで満足するような、孤独なdisを述べたりしていなかったか。

 『チェック、その2
 とにかくdisってあげたいという気持ちが強いあまり、わら人形論法まで無意識に披露していなかったか。

 「なんとなく、自分の主張が不利っぽいような?」と感じた際に、論点のすり替えを実行して、
 本題をうやむやにして、議論を無理やりイーブンで終わらせて、しばらく時が経った頃に勝利宣言してドヤ顔を決めて、
 事情を知っている人たちを椅子からずっこけさせていなかったか。

 『チェック、その3
 科学の知識が少ないにもかかわらず、知ったかぶりでニセ科学批判者たちの主張にいっちょ噛みしていなかったか。

 「諸君の説は間違っている、正しくは次のとおり」と述べたあと、
 正しくない説を提示して、ニセ科学批判者たちを「なにがしたいねん……(゜o゜)」とさせたりしなかったか。

 ニセ科学批判者たちから、
 「ブルーバックスを一冊読んだだけで進化論の専門家たちにダメ出しするなんて、さすがに勇み足が過ぎるのでは?」
 と指摘されると、
 「この専門バカどもめが」
 「主流の科学を鵜呑みに信じている権威主義者どもめが」
 「私の自分流の進化論のすごさを理解できない思考停止どもめが」
 「人を思いやることのできない冷血漢どもめが」
 「論破に追い込まれたので人格攻撃を繰り出して話を逸らそうとしている私に思いやりのある優しい言葉使いをしろ」
 と返事して、聴衆から、
 「科学的な議論ができない人、それ以前に、誠実な議論ができない人」
 という評を下されたりしていなかったか。

 以上の3つをチェックして問題がなければ、おおよそまともなdisコメントが実施できたと判断してよい。
 【意訳、おわり】
 そのように曾子はdisを三省していた。

ネタのお言葉『知ったかぶりに終始、大概にしろという顔あり』

 この言葉は、あの「十五夜望月」(じゅうごやつきをのぞむ)のニセ科学批判版である。
 【意訳】
 中途半端な知識しか持っていないニセ科学批判批判者が、訳知り顔でニセ科学批判者たちの議論に絡む。

 自分は怜悧な者だと声を出し、他の者たちを軽薄ばかりと見下ろす。

 勝利を目指して詰めの演説を一通りぶつも、

 知ったかぶりはまったく隠せておらず、聴衆は大概にしてくれという顔を見せて去った。 
 【意訳、おわり】
 そのように王建はネット上の議論を眺めていた。

ネタのお言葉『ダメなニセ科学批判批判者の偏見、審議に至る』

 この言葉は、あの『鹿柴』(ろくさい)のニセ科学批判版である。
 【意訳】
 ネット上で空論を述べているニセ科学批判批判者の姿を、私は見つけた。

 ニセ科学批判者たちから主張の間違いを質されると、ニセ科学批判批判者は反語を駆使して開き直っていた。

 ニセ科学批判批判者が繰り返す偏見のコメントは、ついに聴衆によって妥当性を審議され、却下となった。

 皆からの信用を失っても、また奇をてらった発言で一発逆転を狙うニセ科学批判批判者。

 期待する賛同とは正反対の声が、ログ中に広がっていく。
 【意訳、おわり】
 そのように王維はダメなニセ科学批判批判を眺めていた。

創作小話『カラスと水差しと科学リテラシー』

 そのムラビト的な論が好きなカラスは、新たな境地の学びを渇望していました。
 すると、【科学リテラシー】が入った水差しを見つけました。
 「科学リテラシー? なんじゃそら? マテバシイの、一種か?」
 と言いながら吸い出そうとしましたが、
 【科学リテラシー】は水差しの底近くにあり、くちばしが届きません。

 しばらく考えたカラスは、小石をいくつか入れて、【科学リテラシー】を水差しの口まで上げることに成功しました。

 【科学リテラシー】を飲んだカラスは、ニセ科学批判ができるようになりました。

 【教訓】これは、最初は難しく見えた科学リテラシーの概念も諦めずに頑張れば思考に吸収できるという話です。

創作小話『炎上商法を交換したブロガー』

 ブロガーのAさんが、別のブロガーであるBさんの炎上商法を見て感心しました。
 漫画の『王家の紋章』に出てくるカプター大神官さま風に、感心しました。
 「おお、あの燃え方……すばらしい輝きだ……手に入れたい……ゴクリ」

 そこでAさんは、手持ちの炎上商法と交換することをBさんに提案しました。
 Bさんは、喜んで応じました。
 二人は、以後も炎上商法の交換を繰り返しました。

 すべてを見ていた傍観者のCさんが、二人に忠告しました。
 「いまは珍しい炎上商法の仕方だと思っていても、いつの日にか飽きて、虚しい気持ちになりますよ」

 【教訓】この話は、炎上商法は必ずエスカレートして過激な内容となり、それでも読者からすっかり飽きられて見捨てられるという末路を教えています。

ネタのお言葉『真の罵倒芸はdisの飽くを求むるなく、disログの安きを求むるなし』

 この言葉は、論語の「君子は食飽くを求むる無く、居安きを求むる無し」の罵倒芸版である。
 【意訳】
 真の罵倒芸を探求している論者は、すごいdisを作り上げたとしても、それを最終形態とは思わないし、
 自分の拠点であるブログの運営が安定期に入っても、新しい刺激を求めて意図的に物議を起こすのです。

 他所の議論の場に臨むときは、一人勝ちを収めるために知恵を振り絞り、
 安易なdisをもっさりと放つのではなく、ここぞというときにシュッとしたdisを差し出します。

 自分より手強いdisを述べる者が居たならば、素直にレベルの差を認め、
 「けっこうなdis群でした」と感服の意を示し、もらったdis群を自分の罵倒芸の糧とするのです。

 このような態度を採っている論者を目撃したときは、手間のかかる学問的罵倒芸をあえて実行している人と評してよいのです。
 【意訳、おわり】
 そのように孔子は言っていた。

ネタのお言葉『脳中、おのずからdisあり』

 この言葉は、あの題袁氏別業(えんしのべつぎょうにだいす)の罵倒芸版である。
 【意訳】
 ここのdisブログを訪れるのは、初めてである。

 互いにぐうの音も出ていない静寂は、まさに初disり合いの前の臨戦態勢である。

 ブログ主に言っておく、万に一つでも手を抜くという温情を見せるなかれ。

 今の私は、あなたの主張を退路がないほど論破してあげるという、苛烈なニセ科学批判者なみの思考になっているのだから。
 【意訳、おわり】
 そのように賀知章(がちしょう)は言っていた。

創作小話『同時に信頼を失ったニセ科学擁護者と罵倒芸の論者』

 そのニセ科学を強固に擁護するブロガーのAさんは、罵倒芸の論者に発見されて、
 果てがないかと思うほどのdisり合いを演じました。

 Aさん:「消えろ、ニセ科学の万能効果を認めない、頭の固い読者め」
 罵倒芸の論者:「お前こそ消えろ、科学リテラシーの低い、愚民ブロガーめ」

 すべてを見ていた聴衆は、「科学的な事実を無視するAさんの発言は、もう信頼できないよね」と評しました。
 罵倒芸の論者に対しては、「なんて口が悪いんだろう、もう一文字もコメントを読みたくないよ」と評しました。

 Aさんは、信頼を失くした自ブログを閉じながら言いました。
 「悲しいけれど、あの罵倒芸の論者も評判がすこぶる悪くなったのだから、イーブンとしよう」

 【教訓】これは、自分が不幸になった時に論敵が不幸になっているのを見ると少しは不幸感が薄れるという、人間のさがのお話です。

ネタのお言葉『自称博学の過ちや、必ずキレ芸で飾る』

 この言葉は、論語の「小人の過つや必ず文る」(しょうじんのあやまつや、かならずかざる)の罵倒芸版である。
 【意訳
 客観的に見れば、半人前の論者であるにもかかわらず、己では博識を強く自負し、しかもプライドが異常に高いという論者の場合、
 科学的に間違った主張を披露して読者から批判された際は、その読者に向かって、これでもかと罵詈雑言を浴びせるものです。

 ちなみに、ネット上のニセ科学問題における議論の場では、次の2つのタイプの論者に分けることができます。

 【タイプ1】:読者から科学的な間違いを指摘されると、ただちにキレ芸で返す論者。

 例:「それは、愚かなあなたの誤読にすぎない」
 「それは、視野が狭いあなたの的外れな意見にすぎない」
 「全体的な文章の意を汲んで、察しろ」
 「私の心の中を、察しろ」
 「この読解力の低い一般人めが」
 「賢い私と同じレベルで語れない読者は来るんじゃない」

 【タイプ2】:読者から科学的な間違いを指摘されると、素直に間違いを認めたうえで、キレ芸を返す論者。

 例:「そうでした、あなたの仰るとおりです、私の主張には科学的な間違いが含まれていました、すみません」
 「で、それがなにか?」
 「私がネット上に公開した科学的に間違っている記事に対して、あなたが間違いを指摘したところで、私になんのメリットが?」
 「なんら生産性はないでしょ?」
 「あなたは、自分の賢さをアピールしたかっただけなんでしょ?」
 「自分の優越感を満足させるために、あなたは私の記事を利用したんでしょ、二度と来ないでね!(怒)」

 もちろん、自説の科学的な間違いを絶対に認めない【タイプ1】でもよろしいのですが、
 奥深い罵倒芸を探求している皆さんならば、いったん批判を受けとめる【タイプ2】を習得するとよいでしょう。
 【意訳、終わり
 このように子夏はアドバイスしていた。