ネタのお言葉『ニセ科学への抑え効かず、嫌になるかな』

 この言葉は、あの「離騒」のニセ科学批判版である。
 【意訳】
 先日、私が愛読していたブログの管理人が、ニセ科学的な説に好意を示した。
 ブログの管理人:「よそで見かけた科学的に怪しい説に、無批判で飛びついて自ブログで紹介する行為も、また勇者といえる」
 「蛮勇ではない」

 他の常連の読者たちも、管理人の言い分を肯定した。
 「ほう、ニセ科学ですか、なんだか面白そうですね」
 「ニセ科学を支持するのも、ありっぽいですね」
 「損するような事態もないでしょうし、数多のニセ科学的な説を、どんどん思考に入れますね」

 もうだめだ。
 あのブログで、私のニセ科学批判を聞いてくれる人は居ない。
 ニセ科学の蔓延を一人で憂いても、あのブログの現状を変えることはできない。

 もはや科学リテラシーの向上を供に語ってくれる人が居ないからには、
 私は傍観のROMの立場に戻るしかない。
 【意訳、終わり】
 そのように屈原は述べたあと、ネット上から永遠に消え去った。

ネタのお言葉『変なdisの人』

 この言葉は、あのガエターノ・ブルネッティの作品である「変人」の、罵倒芸版である。
 【なりたち】
 遠い昔のこと。あのルイジ・ボッケリーニが、愛読していたブログにdisのコメントを連続で投稿した。
 そのコメント群を読んだブログ主は、感想を述べた。
 「ディ、ス! ディ、ス! これは、酷い!」

 ボッケリーニは反論した。
 「disの対話が見事になされたとき、disの単調さは失われます」

 それでもブログ主は不満を述べた。
 「ディ、ス! ディ、ス! 飽きもせず、この調子! まったく、愉快なdisだこと!」

 ボッケリーニは諭した。
 「ブログ主さま、拙速な判断を下す前に、今一度だけdisに対する理解を深めてください」

 ブログ主は納得せず、ボッケリーニをアクセス禁止にして追い出した。

 その騒動を後になって知ったブルネッティは、単調なdisを延々と繰り返すサイトを作って公開した。
 そのサイトのタイトルこそ、「変なdisの人」だった。(終わり)

ネタのお言葉『今のdisは、これよく常勝の養うをいう。後釣り宣言に至るまで皆、よく常勝を養うあり。相互理解を敬せずんば、なにをもってダメなニセ科学批判批判と別たん』

 この言葉は、あの論語の「今の孝は是(これ)能(よ)く養なうを謂(い)う。犬馬に至るまで皆能く養なうこと有り。敬せずんば何を以て別(わか)たん」の罵倒芸版である。
 【意訳
 ネット上で行われている数多のdisり合いを眺めていると、
 次のような自己演出に熱心な論者たちの姿が、多いことに気がつきます。
 『常時、完全勝利を収めている自分』
 『少なくとも、あの手この手を使って無理やりイーブンで終わせるので、完全な負けに追い込まれることはない自分』

 これも一つの芸風と言われたらそれまでですが、このような態度ばかり採っていると、
 「あなた、なかなかの毒を吐きますね」
 「そういうあなたも、トゲトゲ感が尋常ではないですね」
 という和やかな雰囲気に至るためには、長い時間を必要とするでしょう。

 これを、ニセ科学問題の議論でよく見る光景にたとえるならば、
 まずは科学の有識者たちに向かって、なんじゃそらな主張をブイブイいわしてドヤ顔を決めるも、
 次第になんとなく自分の主張の不利を悟り、かといって素直に認める自分は居ないので、仕方なく、

 『この私は、科学の素人である』
 『ゆえに、エビデンスを軽視した発言を山ほど連発しても、すべて自動的に免責される』

 と言って開き直るタイプのニセ科学批判批判者を、優しく温和に諌めて態度を改めさせる作業と同じくらい、長い時間を必要とするでしょう。

 あなたが真の罵倒芸を探求している論者ならば、disの原稿と真摯に向かい、推敲を重ねて一見の読者にも分かりやすいdisに仕上げ、
 投稿ボタンを押すときも、「disらせていただきます」と挨拶し、襟を正して他所のdisり合いに参加することです。

 disり合いを行っている間は、『自分のdisを敬っています』と表明すると同時に、『皆さんのdisも敬っています』と表明しましょう。
 この態度をそれぞれの論者が維持することにより、まもなく相互理解に達して、いつもよりもdisり合いが早く終わり、
 その場の皆が一人残らず、「今日は新たな境地を見ました」と言って爽やかな気持ちで解散できるのです。

 自分の一人勝ちを狙う気持ちが強い間は、とくにこれを意識してdisのコメントを作ってください。
 【意訳、終わり
 このように孔子はアドバイスしていた。

創作小話『急にニセ科学批判を始めたムラビト的論者』

 ムラビト的な論者であるAさんが、既存のニセ科学批判者たちの活動を見て憧れました。
 「すごい人たちだなあ」
 「自分も、あの人たちみたいに活躍したいなあ」
 「そうだ、私も今日からニセ科学批判を始めたらいいんだ、うんそうしよう」

 そう言ってAさんはニセ科学批判のブログを始めましたが、
 尊敬される存在になれるどころか、ネガティブコメントを一身に受ける状況となりました。
 【読者たちのコメント】
 ある科学素人:「根拠の不明な噂話をちょっと鵜呑みに信じて善意で拡散しただけなのに、私の人格を否定するなんてひどい」

 あるニセ科学批判批判者:「ニセ科学批判の仕方が、ダメすぎだ」
 「この私個人を満足させるような、もっと上手いニセ科学批判の仕方を実行しろ」
 「それができたときは、この私から『大儀である』と言ってやる」

 あるニセ科学推進者:「証明責任の転嫁という言葉を、知っているか?」
「というわけで、私の理論が正しくないという根拠を、批判側であるAさんが提示しろ」
 (Aさんが根拠を提示すると)
 「そんな科学的な事実はどうでもいい、とにかく私のインチキ商売に横から口を出すな」

 ある悪しき相対主義者:「ニセ科学は、まともな科学と相対的に同じです」
 「相対的には、ニセ科学を批判する行為は、まともな科学を批判する行為と同じです」
 「ゆえにAさんは、ニセ科学を支持しているブロガーであるという結論になります」
 「以上で、絶対的な傍観者の立ち位置を堅持する私からの、『結局、悪しき相対主義が一番すごいんだよね』という演説を終えます」

 このような意見を毎日のように聞かされたAさんは、限界を超えるストレスを感じて倒れました。

 『教訓:この話は、いままでの芸風を事前の準備も無く急に他の芸風に変えると多大な無理が生じるということを教えています』

ネタのお言葉『故きdisを訪ねて、新しきdisを知る。もってdisの師と為るべし』

 この言葉は、あの「故きを温ねて新しきを知る、以て師と為るべし」の罵倒芸版である。
 【意訳】
 あなたが罵倒芸の初心者ならば、いきなり他所のdisり合いに参加しても良いですが、すこし待ってください。

 まずは、ネット上に数多あるdisの過去ログを探して、片っ端から閲覧してください。
 それが終わったら、日々新しく誕生しているdisのログ群を、片っ端から閲覧してください。

 この二つの作業が終わったとき、あなたは既存の罵倒芸の論者たちからも師匠と言われるような、
 余裕あるベテランのdisを披露できるようになっています。
 【意訳、終わり】
 このように孔子は言っていた。

「もしもニセ科学擁護の記事を何気なく書いてネットモヒカン族の修正を初めて受けたブロガーが、漫画『北斗の拳』の第一話の冒頭を間違って思い出したら」と考えました

 モヒカンA:「ヒャッハッハ、EM菌の擁護論だあーっ!」

 モヒカンB:「江戸しぐさの擁護論もあるぜーっ!」

 モヒカンC:「おい見ろよ、あのムラビト的ブロガーの奴、マイナスイオンの擁護論まで書こうとしているぜ?」

 モヒカンD:「いや、さすがにそれはないだろうって、ほんとだぁ!?」

 モヒカンE:「やれやれ、いまじゃssfs21th氏以外の私怨的なニセ科学批判批判者たちですら、マイナスイオンについては言葉を濁すってのによ!」

 行き倒れ寸前のケンシロウ:「み、水を……」
 「または、魔法と見紛うような効果を謳っている酵素ジュースを……」
 「あるいは、巧みに健康効果を謳っていない小癪な水素水を……」
 「もしくは、数日にわたって間断なく『ばかやろう』という言葉を浴びせた波動水でもいい……」

 水番の村人:「おや、このケンシロウとやら、あの礼儀知らずなモヒカンたちの仲間か?」
 「ふむ、『ばかやろう』という文字がコメント内に見えることから間違いない、こいつもモヒカンたちと一緒にアクセス禁止の処分にしてしまえ」

ネタのお言葉『そのdisの為すところを観て、そのdisの由るところを観て、そのdisの安んずるところを観れば、人いずくんぞ罵倒芸を隠さんや』

 この言葉は、あの論語の「その以す所を視、その由る所を観、その安んずる所を察れば、人いずくんぞかくさんや」の、罵倒芸版である。
 【意訳】
 まずは、他の論者たちのdisり方を、よく観察しましょう。
 次に、そのdisり方を選択した理由について観察しましょう。
 最後に、そのdisり方で何を考えているのか、そのdisり方で満足するものとは何か、
 そもそも、なぜにネット上の議論の場にdisを引っさげて現れているのか、
 それを見極めれば、他の論者たちの隠れていた罵倒芸の本質があらわになります。
 【意訳、終わり】
 このように、ネット上で見かけた他所のdisり合いに参加して相互理解を達成するためには、
 知らない相手の芸風を把握するための事前の入念な観察が大切だ、と孔子は指摘していた。

創作小話『モヒカン的ブログから急いで自ブログに戻ったムラビト』

 そのムラビト的な論者のAさんは、気まぐれにモヒカン的な論者が運営するブログを訪れました。
 「なにか得るものはあるかな?」
 「新しい境地が見えるかな?」

 しかしながら、Aさんにとって科学的な視点で書かれた文章や、
 感情論がスズメの涙くらいしかない文章を読むのは初めてであり、
 いままでにないストレスを体験しました。「これは耐えられない、拝読は中止だ」

 頭が痛くなったAさんは、急いで自分のブログに戻りました。
 「ああ、やっと落ち着いた」
 「それでは、いつものように読者たちと主観の論を語り合うとしよう」

 「厳密な用語の使い方など一つも考えなくてよい、ふわふわした会話を楽しもう」

 ところがAさんは、読者たちの客観的な事実を軽視する会話に、多大なストレスを感じました。
 ちょっとした科学的な間違いにも、ツッコミを入れたくなるのでした。

 当然ながら読者たちは、不満を述べました。
 「そうやって、いちいち間違いを指摘されたら、我々はなにも言えなくなってしまいますが?」
 「そこのところ、分かっているのですか?」
 「細かいことは気にせず、ひたすら場の空気を大事にするAさんの運営スタイルが好きだったのに……まったく、失望したよ!」

 言い終えた読者たちは、去っていきました。

 意義がなくなった自ブログを閉じながら、Aさんは言いました。
 「なんてことだ、モヒカン的な論者のブログを読んだばかりに、ムラビト的なテキストにストレスを感じてしまう自分になるとは」

 【教訓】この話は、一度でもモヒカン的な論者の書いた文章を読み込むと、その後に理路整然としていない文章を見てもスルーできずに修正してあげたくなるという思考の変化を教えています。

ネタのお言葉『disに魅入る罵倒芸使いに会う』

 この言葉は、あの「逢入京使(けいにいるつかいにあう)」の罵倒芸版である。
 【意訳】
 画面に向かってネットのサーチに臨むと、ニセ科学的な記事が満々とあふれており、撲滅の道は絶望的不可能に近いと知る。

 ニセ科学批判者たちの徒労を思うと悲しくなって、自ブログの更新中にも涙がこぼれて水浸しとなり、狭い書斎が湿気で蒸れてカビが生える始末。

 炎上している他所のブログで罵倒芸使いと遭遇したが、至言的な諫めコメントを送る隙も無いほどdisり合いに夢中。

 ディンゴの様なあなたに新たな仕事を頼む、数多のニセ科学説にモヒカン的態度で猛然と噛みつくことを。
【意訳、おわり】
 そのように岑参(しんじん)は紙に書いていた。

創作小話『ニセ医療的なエサとハエ』

 空腹のハエが、【ニセ医療的なエサ】のかたまりを見つけたので、これ幸いと吸い始めました。
 吸えば吸うほど幸せな感覚が増して、時間を忘れて吸いました。

 そのうち、【ニセ医療的なエサ】が体中に絡みつき、呼吸が苦しくなってきました。
 飛んで逃げようとしましたが、すごい粘着質のエサだったので、離れることが叶いません。

 ズブズブと【ニセ医療的なエサ】の中に取り込まれ、意識が遠くなりながらハエは言いました。
 「こんな形で黄泉に行くとは、思いもよらなかった」
 「どうして私は、吸っている途中で、『はて? いつもの標準のエサと、なにかが違うような?』と疑わなかったのだろうか」

 『教訓:この話は、ニセ医療的な説に接した際に、必要以上にのめり込むことの危険性を教えています』