創作小話『ニセ科学推進者によって破産に追い込まれた者』

 Aさんのブログに、ニセ科学推進者が現れて言いました。
 「このニセ科学製品は、万能です」
 「値段は高いですが、なにしろ万能ですので、費用対効果がすごいです」

 Aさんは、ニセ科学製品の万能性に感動して、大量に購入しました。
 その後もカモにされ続けたAさんは、破産しました。

 己の辿ったありさまを客観的に分析したAさんは、真実に気づき、怒りを抑えつつ、決意を表明しました。
 「ニセ科学製品につぎ込んだ銭は、高い勉強代だと思うことにした」
 「いまからぼくは、すべてのニセ科学をdisり倒すことに決めた」
 「このぼくは、ニセ科学が自分の全リソースを費やして憎むべき対象であることを、今日思い知ったんだ
 「ああそうだ、小さな科学的間違いも見逃さずに拾って修正してあげるよ……徹底的にね!」

 ある傍観者:「Aさん! 憎しみからは何も生まれないのよ! 批判的思考を頼りに、生き延びるの……」

 【教訓】このように、幸せな気持ちでニセ科学に接して日々を暮らし、しばらくして幻の幸せであることを悟って気落ちしたあとの人間は、ニセ科学批判の日々に希望を見いだすのです。

創作小話『だめなニセ科学批判批判を述べていた人と、空飛ぶスパゲッティ・モンスター』

 Aさんが、だめなニセ科学批判批判をブイブイ云わしながらネット上を歩いていました。
 モヒカン的な思考の論者が集まるログを見つけたAさんは、なんのためらいもなく訪れようとしました。

 それを見た空飛ぶスパゲッティ・モンスターは、Aさんを引きとめました。
 「これこれ、自分から吊るし上げの目に遭おうとしてはいかん」
 「そうなったならば、お前は自分の不注意が原因にもかかわらず、私に責任を転嫁するに決まっておる」

 【教訓】これは、自分の不用意な言動で読者たちからの批判が殺到したときに、「自分は悪くない、○○が悪いんだ」と言って、責任を他の物に託そうとするタイプの論者に聞かせてあげるお話です。

創作小話『良いニセ科学批判批判もしていたブロガーと、苛烈なニセ科学批判者』

 Aさんのブログが、苛烈なニセ科学批判者のターゲットになりました。
 Aさんは、自己弁護しました。
 「つい先日、私は良いニセ科学批判批判の記事を公開して、多くの読者から賞賛されました」
 「それなのに、あなたは私のブログにあるささいな科学的間違いを取り上げて、これでもかというほどの批判を展開しようとなさっています」
 「あんまりな仕打ちではありませんか?」

 苛烈なニセ科学批判者は答えました。
 「Aさんの言うことには、一理あります」
 「しかしながら、Aさんは長年にわたって、ダメなニセ科学批判批判を公開し続けていました」
 「その行為を、Aさんは恥じるどころか、誇ってさえいました」
 「このAさんの言動を鑑みるに、私が批判をやめる理由は一つもないという結論になります」

 【教訓】これは、「良いニセ科学批判批判は少しだけ、だめなニセ科学批判批判は量産する、それでも自分のことを良いニセ科学批判批判者だとアピールする」
 というタイプの論者に聞かせてあげるお話です。