「ニセ科学批判=冷笑と受け取られる背景は、云々」という伊藤剛さんのツイートから話を整理する

 次の記事を読んだ。
 はてなブックマーク - 伊藤 剛さんのツイート ニセ科学批判=冷笑と受け取られる背景には、やはり「と学会」のありようが大きくあるでしょう。 唐沢俊一をしっかり批判してこなかったツケは間違いなくあ
 (ublftboさんのコメントから引用)
 唐沢俊一氏というのは、原発事故にまつわる「福島差別やデマゴギー」に匹敵するインパクトを持つ論者ということ? 私は、ほとんど何をした人かすら知らないですが。

 なるほど、私にも話がよく見えてこなかったので、ちょっと整理する。

 ・「ニセ科学批判=冷笑と受け取られる背景には、『と学会』のありようが大きくある」という主張が、事実だとする。
 「唐沢俊一をしっかり批判してこなかったツケ」も、間違いなくあるとする。
 「反原発が福島差別やデマゴギーを批判すべきというのと同じ話」という主張も、事実だとする。

 ・ところが、ublftboさんには今ひとつピンと来なかった。
 
 ・つまり、「唐沢俊一氏をしっかりと批判することの重要性」を世のニセ科学批判者たちに対して説く活動が、今まで不足していたことになる。

 なるほど、こういうことらしい。
 この流れからすると、これから伊藤剛さんは世のニセ科学批判者たちに対して、
 「唐沢俊一氏をしっかりと批判することの重要性」を今以上に訴える活動を始めるのであろう。

 そのときになって、地球上に存在するすべてのニセ科学批判者たちが、
 「なんと、我々の気がつかないうちに、そんなことになっていたのですね、これは至りませんでした」
 「以後、あらためます」
 と一斉に反省の姿を見せるのだ。(と予言しておく。当たる確率は、けっこう高いと自負する)

創作小話『モヒカン的な論者たちとの議論で一人勝ちしたと述べる者』

 その村には、「科学的な議論ができない人」「有意義な議論が形成できない人」「詭弁を使ってでも議論に勝とうとする人」という評判のAさんが居ました。

 それを面白くないと思ったAさんは、「本当の自分はすごい論者なんだぞ」というアピールを、村の広場で実行しました。
 「昨日のできごとですが、私はモヒカン的な論者たちが住んでいる村に赴いて、片っ端から論破してあげました」
 「いやあ、そのときの私の勇壮な姿を見せてあげたかったですね」

 それを聞いた村の人たちは、感想を述べました。
 「ならば、そのときの議論がどんなものだったのか、今ここで内容を話せばよい」
 「そうすれば、我々はAさんの勇壮な姿を確認できる」

 Aさんは、「それなんですが、あのときの議論がどんなものだったか、すべて忘れてしまいました」と言って、急いで広場から去りました。

 【教訓】このように、自分の評判を良くしようとして有りもしない実力を声高に宣伝すると、かえって評判が悪くなるのです。

ネタのお言葉『disを学びて思わざれば、すなわち罵倒芸に罔し(くらし)。disを思いて学ばざれば、すなわち罵倒芸にあやうし』

 この言葉は、あの論語の「学びて思わざれば則(すなわ)ち罔(くら)し、思いて学ばざれば則ち殆(あやう)し」の罵倒芸版である。
 【意訳
 他人のdisり方を見るだけで満足し、自分で考えることを怠ると、空疎でぼんやりとした罵倒芸しか披露できず、使い物になりません。
 自分でdisり方を考えるだけで満足し、他人から学ぶことを怠ると、視野が狭くて器の小さい罵倒芸になる危険性があります。

 disり方の知識を淡々と頭に入れるだけでなく、そのdisり方の構造を細部までよく理解したうえで、自分の罵倒芸に組み入れる。
 この作業を終えたあとでネット上の議論に臨めば、迷うことなくdisの実力を存分に発揮できるのです。
 【意訳、終わり
 そのように孔子は言っている。

鏡さんの「これは流石に・・・・・・」という文章を考察する

  次の記事を読んだ。
 はてなブックマーク - 鏡さんのツイート これは流石に・・・・・・ - “【試案】ニセ科学の構造 - Interdisciplinary” https--t_co-T9xQqt93js

 なるほどと思ったので、鏡さんのコメントを考察する。

 【考察、その1】ublftboさんのブログ記事に対する賛同のコメントを急いで投稿しようとしたところ、
 急ぎすぎて、仕上げる途中のコメントを送信してしまった。

 【考察、その2】賛同のコメントを用意したものの、
 ネット上にアップする直前になって誤字を見つけたので、その部分を一旦すべて消し、
 あらためて仕上げようとしたところ、間違って投稿ボタンを押してしまった。

 【考察、その3】「流石だぜ、あにき」と書こうとしたところ、
 間違って「これは流石に・・・・・・」と書いて投稿してしまった。

 【考察、その4】中黒の部分には、「力作ぞなもし」という6つの文字が書かれているのだが、
 画面上では縮小されているために、読めなくなっている。

 【考察、その5】100文字近くの賛同コメントを書こうとしたところ、
 「これは流石に」という文章を打ち込んだ時点で疲労がピークに達したので、
 あとに続く部分は中黒で代用した。

 【考察、その6】じつは、はっきりと意味が伝わるコメントを書こうとしたのだが、突然、
 「書いちゃだめだ……書いちゃだめだ……意味が伝わる文章を、書いちゃだめなんだ……」
 という心の声が聞こえてきたので、それと激しく戦った結果、
 なんとか仄めかし程度のコメントを送信することに成功した。

 以上の考察の中に、正解があるはずである。
 なお、「いや、鏡さんのコメントは、あきれの意を表明しているのでは?
 と思われた読者様もいらっしゃることだろう。

 しかしながら、「趣旨がストレートに伝わってこないコメントを目撃したら、読む側の人がポジティブな意味に解釈して受けとめてあげる」ということも、
 ネット上のコミュニケーションの場においては、けっこう大事だったりする。

 そう、この記事で展開された一連の考察は、あのポリアンナ物語で使用された「よかったさがし」という概念と、同じだったのである。

創作小話『この村では狂犬病のワクチン接種を廃止すべきと主張した者』

 その主人公であるAさんは、村の広場で主張しました。
 「この村では、数十年にわたって狂犬病が発生していない」
 「ゆえに、狂犬病のワクチンの接種は廃止すべきという結論になる」
 「これは、論理的にも正しい結論である」

 それを聞いた村人たちは、会議を開いて狂犬病のワクチン接種の廃止を決定しました。
 Aさんは、涙を流して喜びました。
 「やっと面倒な作業から開放された」
 「これからの人生は、自由に使える銭と時間が増える。こんなにめでたいことはない」

 しばらくして、村に狂犬病が蔓延しました。
 村の動物たちは、次々に倒れました。村の人間たちも、倒れました。
 最後に残った人間はAさんでしたが、やはり倒れ込みました。
 Aさんは、意識が遠くなりながらも、強がりました。
 「この身に起きたことは、自分の信念を通したゆえの結果なのだから、悔いはない」

 【教訓】これは、公衆衛生の大切さを知ってもらうための、架空のお話です。

創作小話『科学リテラシーの高さで言い争いしていたムラビト的論者たち』

 二人のムラビト的論者が、言い争いを始めました。
 「このぼくは、科学リテラシーがむっちゃ高いんだぞ」
 「私こそ、科学リテラシーがハイパーなんですよ」

 二人の言い争いは白熱し、つかみ合いにまで発展しました。
 その様子を、遠くからじっと見つめる者が居ました。モヒカン的な論者でした。
 二人のムラビト的論者のうち、勝ったほうを先に吊るしあげようと待ちかまえていたのです。

 それに気がついた二人のムラビト的論者は、相談しました。
 「あのモヒカン的な論者のえじきになるくらいなら、けんかをやめて、和む議論を形成したほうが良いですね」

 【教訓】この話は、つまらないことで言い争ったあとに残るのは消耗感だけということを、例えています。

逆転勝ちするためのアドバイス、「米国の食品医薬品(FDA)は、十数年前から抗がん剤を禁止している」と述べてcounterfactualさんからツッコミをもらったhyodo_masatoshi氏へ

 次の記事を読んだ。
 『英語が読めて、web検索ができるなら数分でデマとわかるネタなんだが、同情してあげるよ。 - counterfactual のコメント - はてなブックマーク

 なるほど、hyodo_masatoshi氏の分は悪そうだ。
 ここはひとつ、
 『米国の食品医薬品(FDA)は、十数年前から抗がん剤を禁止している。具体的な根拠は、これこれである』
 『抗がん剤は、ガンを進行させる。具体的な根拠は、これこれである』
 という感じで、ひとつずつ解説してみせるとよいだろう。
 そうすれば、「なるほど、たんなる印象論とか、思いつきで言っているわけではなかったのですね」とcounterfactualさんも言ってくれるはずである。
 今後の参考にしてほしい。
・・・・・・
 ところで、hyodo_masatoshi氏は普段どのような主張をしている御方なのだろうと思った私は、次の記事を見つけた。
 「兵頭正俊」さんって、どんな人なんだろう?フォロワー3万人。『最近は人工地震と北朝鮮のミサイル発射は、日本政治と絡み合って起きる』 - 見えない道場本舗
 
 これを読むと、hyodo_masatoshi氏は「人工地震」「フリーメイソン」「イルミナティ」という言葉を使って陰謀論を唱えている御方らしい。
 しかしながら、gryphonさんからはツッコミをもらい損ねている。
 
 一昔前ならともかく、2017年も半分が過ぎた現在では、一味違う陰謀論を披露しないとツッコミがもらえないわけだ。
 たとえば、陰謀論を唱えたあとで具体的な根拠を提示したりすれば、ベテランの陰謀論批判者たちから「おお、そうきたか!」という反応がもらえるであろう。
 これもまた、選択肢の一つに入れておいてほしい。

逆転勝ちするためのアドバイス、「いつものニコニコ嫌いが発狂中」と述べてublftboさんから疑義を呈されたkyoumoe氏へ

 次の記事を読んだ。
 『はてなブックマーク - いつものニコニコ嫌いが発狂中/はてブみたいな過去の遺物のクソサービス使ってる連中がよくそんなこと言えるな、気が狂ってるとしか言いようがない - kyoumoe のコメント - はてなブック

 なるほど、たしかに今ひとつピンとこない。というわけで、
 『いつものニコニコ嫌いとは、だれそれのことである』
 『発狂という表現の根拠は、これこれである』
 という感じで、ひとつずつ具体的に解説されるとよいだろう。
 そうすれば、「わかりました、そのような理由でキレていたのですね」とublftboさんも言ってくれるはずである。

 あるいは、詳細を語らず、
 『ふと、心の中で、【連中は気が狂っている】という言葉が浮かんだ』
 『その言葉を、ネット上で具現化した。他に、理由はない』
 という解説の仕方もありだが、「それはちょっとできかねます」と思った際は、今後の参考にしてほしい。

逆転勝ちするためのアドバイス、『NATROM氏が言っているような人なんて居ない』と主張してツッコミをもらったseki_yo氏へ

 次の記事を読んだ。
 『はてなブックマーク - seki_yoさんのツイート NATROM 氏、だれも そんなこと いってないけど →「根拠に基づかず『ワクチンや抗がん剤は毒薬だ』と主張」 https--t_co-dIIGesdzTI

 なるほど、seki_yo氏の主張と違って、『けっこう、そんなことを言っている人たちが居ました』という状態らしい。
 ここはひとつ、以下のような反論をして形勢を変えよう。

 『私の個人的な観測範囲においては、そんなことを言っている人たちの姿は、なかったのである』
 『これは、事実である』
 『ゆえに、私の個人的な観測範囲の外に、そんなことを言っている人たちが実際に居たとしても、私の当初の主張になんら影響はないという理屈になる

 このように述べると、逆転勝ちできたことになる
 「いや、その反論の仕方は、ちょっとできません」という場合は、次のような返し方も有りである。

 『ublftboさんの示しているリンク先が、なんだというのでしょう? 【ワクチンや抗がん剤は毒薬だ】と言っている人たちの姿が見えますが、それが私になんの関係があるのでしょう?』

 このようなおとぼけ芸で返すと、逆転勝ちは厳しいかもしれないが、イーブンには持ち込める

 「これはいったい、なんの勝負ですの?」と思った際は、素直に自分の主張の誤りを認めて撤回したほうがよろしかろう。

 「なんら反論せず、別の話題に移る」というスルー芸でもよいが、なにかしら反応しておきたいという場合は、今後の行動の選択肢に入れておいてほしい。

「もしも『Ζガンダム』のクワトロさんとカミーユさんが、ありえない論法を見せる人の実在性について語っていたら」と考えました

 クワトロさん:「聴衆に向かって、」
 『○○を批判している人ならば△△も批判するべきだという論法はやめておきましょう』
 『なにを批判対象に選択するかは、各論者が自身の意思で決めるものなのです』
 「と説教したあと、」

 『ニセ科学を少しでも批判した場合、この世に存在するすべてのダメな説を片っ端から批判してまわる義務が発生する』
 『こんな義務、誰が決めたのか? 私である』
 『というわけで、ニセ科学批判者の諸君は今から実行したまえ』
 『なお、【そんな義務はないし、リソースも足りません】という返事は私の望むところではないので、却下となる』
 『この私は、大所高所から指示を出す傍観者。下界に居る諸君は、私の指示通りに働く立場の者である』
 「と述べてドヤ顔で締めくくる論者が、一人くらいは実在するはずだ。その論者をネット上で探せ、行くぞ!」

 カミーユさん:「居るわけないだろ、そんな自分の説教をすぐに忘れる論者なんて!」

 (この記事は、次の「Togetterまとめ」にインスピレーションして作りました)
 『ニセ科学批判な人々には歴史修正主義を批判してる人もいます。