創作小話『悪しき相対主義者に味方を頼んだブロガー』

 科学素人であるAさんのブログが、モヒカン的論者のターゲットになりました。

 モヒカン的論者の批判に耐えかねたAさんは、悪しき相対主義者に味方になってほしいと頼みました。

 悪しき相対主義者は承知して、自論を述べました。
 「Aさんの科学的間違いを批判するモヒカンさんの行為は、ニセ科学を擁護する行為と相対的に同じです」
 「モヒカンさんは、ニセ科学批判者であると同時に、ニセ科学擁護者でもあります」
 「ゆえに、モヒカンさんにはAさんを批判する権利がないという結論になります」
 「これは、絶対的な中立の傍観者である私の言っていることですので、絶対的に正しい結論です」

 それを聞きつけた別のモヒカン的論者たちが、「みつけたぜ~、えものだぜ~」と言って、次々に集まってきました。
 以前よりも多くの批判を受けることになったAさんは、反省しました。
 「これは当然の結果だ」
 「どうして私は、見境もなく悪しき相対主義者などを味方に選んでしまったのだろう」

 【教訓】これは、ネット上で見知らぬだれかに味方を申し込むときは、相手の能力をよく見極めたうえで申し込みましょうという、たとえ話です。