「もしも『Ζガンダム』のクワトロさんとカミーユさんが、ありえないバイアスを見せる論者の実在性について語っていたら」と考えました

 クワトロさん:「聴衆に向かって、」
 『ニセ科学問題を語る際には、バイアスが満載の主張を行ってはいけません、客観的に語る態度を見せましょう』
 「と説教したあと、」
 「バイアスに基づいた主張を普通に披露してドヤ顔の論者が一人くらいは実在するはずだ。その論者をネット上で探せ、行くぞ!」

 カミーユさん:「居るわけないだろ、そんな自分で自分の説教を台無しにする論者なんて!」

 (この記事は、次の「はてなブックマーク」にインスピレーションして作りました)
 はてなブックマーク - yuukiさんのツイート 原発PAが発するような御用ニセ科学にはむしろ男性・理系の方が弱いんじゃねぇの

創作小話『記事を批評されて愚痴を述べたブロガー』

 その主人公であるAさんは、愚痴を述べました。
 「私のブログの評判が、最近よろしくない」
 「おそらくは、はてなブックマークに集まっている人たちが、次のように言っていることが原因だろう」

 『A氏の書く記事は、科学的に間違っている部分がありすぎる』
 『しかも、それを読者から指摘されたA氏は、相手の誤読のせいにして知らん顔を決めている』
 『ネット上で一番に科学リテラシーが高いブロガーですと自称しているA氏だが、そんなアピールはそろそろやめてほしい』
 『いや本当に、A氏の科学的に間違っている記事を真に受けて変なことを言いだす科学素人さんたちが、実際にいらっしゃるんですよ』

 「こんなことを言っている人たちの大半は、自ブログを持っていないようだが、」
 「自ブログを持っていない人たちに、私の記事をあれこれ批評する資格があるだろうか?」
 「いや、無い」
 「というわけで、自ブログを持っていない人たちは、永遠に沈黙を保っていなさい

 それを聞いた自ブログを持っていない人たちは、それぞれ新しくブログを開設したうえで、Aさんの記事を批評しました。
 そのために、『Aさんが書く記事は科学的な間違いが多いらしい』という噂が、より世間に拡大しました。

 その状況を確認したAさんは、「愚痴を述べ、ますます増える、風当たり」と一句詠んでブログを閉鎖しました。

 【教訓】この話は、「自ブログを持っていない人たちに私のブログ記事を批評する資格はない」と主張すると、
 批評する人の数が以前よりも増えるという現実を明らかにしています。

 (この記事は、以下の「はてなブックマーク」にインスピレーションして作りました)
 はてなブックマーク - はてブで「お前のブログ面白くないよ」という人に限ってブログを書いていない件について - 近畿地方から送るゆる~いブログ

ネタのお言葉『あくまでニセ科学に定めた批判に居る』

 この言葉は、あの『山間秋夜』(さんかんしゅうや) のニセ科学批判版である。
 【意訳】
 夜食をとりながら、ネット上を周回する。
 ネットモヒカン族と供に、ニセ科学推進者のサイトを一覧する。

 私の人生は、もはやニセ科学を批判することで占められている。

 ニセ科学推進者たちが見せる飛躍した論理展開に、度々きょとんと立ち尽くす。
 誤誘導が甚だしく、私をカモと狙っている詐欺師の影が、ちらほらと見え隠れしている。

 安楽椅子に腰を掛け、ニセ科学の趨勢を他人事として笑いながら傍観していた自称中立の三ヶ月は、懐かしくも虚しい過去の話である。
 【意訳、おわり】
 そのように真山民(しんさんみん)は山間で記している。