逆転勝ちするためのアドバイス、『血液型性格判断は「ダメ科学」であって「ニセ科学」ではない』と述べたPsycheRadio氏へ

 次の記事を読んだ。
 はてなブックマーク - PsycheRadioさんのツイート 血液型性格判断は「ダメ科学」であって「ニセ科学」ではないラジよね。
 (以下、ublftboさんのコメントから引用)
 こういう内容を書くってことは、それぞれの語について、何らかの定義めいたものを持っているはずですよね。
 説明出来るかは、分かりませんけれども。

 なるほど、たしかにPsycheRadio氏の主張は、いまひとつ腑に落ちてこない内容である。
 ここはひとつ、
 『血液型性格判断とは、こういうものだ』
 『ニセ科学とは、こういうものだ』
 『ダメ科学とは、これこれこういうものだ
 『ほらごらんなさい、やはり血液型性格判断はダメ科学と言ったほうが、しっくりくるでしょう?』
 という感じの説明を行うと、逆転勝ちできる

 ublftboさんから今ひとつ信用されていない現状でよいのならばともかく、そうでもない場合は、今後の選択肢のひとつに入れてほしい。

 もちろん、具体的な説明を一切せず
 「あれはニセ科学ではない、ダメ科学だ」
 「それもニセ科学ではない、ダメ科学だ」
 「というか、ニセ科学と呼ばれているものは、すべてダメ科学で決まりなのだ」
 という感じで、あまたのニセ科学をダメ科学に片っ端から呼び代えていく活動も、有りである。
 世のニセ科学批判者たちから、大いに注目されるであろう。

 もしかしたら、近い将来に「ダメ科学」という言い方が地球上を覆うかもしれない。
 その場合、PsycheRadio氏は「創設者」と呼ばれることになり、ガンマ宇宙域の歴史に名を残す地球人となるであろう。(と、ここに予言しておく。けっこう当たる確率は高いかもしれない)

創作小話『強い科学リテラシーを持った人』

 村の外れを歩いていたAさんは、「私が売るニセ科学製品は万能です」と主張する流れの詐欺師と出会いました。
 話を信じたAさんは、ニセ科学製品を購入しました。

 その後、騙されたと知ったAさんは、去っていく詐欺師に向かって叫びました。
 「お前は私の懐から銭をうばったが、かわりに私の懐には強い科学リテラシーが宿ったのだぞ!」

 【教訓】この話は、詐欺の被害をばねにして成長を誓う人は必ずニセ科学批判者になるということを教えています。