「もしもニセ科学批判者たちから主張の誤りを指摘されて不満を覚えた科学素人が、漫画『北斗の拳』のワンシーンを間違って思い出したら」と考えました

 モヒカン:「へっへっへ、俺は『苛烈に修正されて疲弊したムラビト的ブロガー』を見るのが大好きなんだ」

 ケンシロウ:「そんなに疲弊するんなら、お前が修正を受けてみろ」

 モヒカン:「はい、わかりました、やはり他人の気持ちを理解するには自分でも同じような経験をするのが一番ですよね」
 モヒカン:「じゃなくてだな、この俺は修正をしてあげる側の論者であってだな、修正を受ける側の身には絶対にならないんだって……いいい、いんがおう、っほ!」(注:ケンシロウから秘孔を突かれました)

ネタのお言葉『トラの修正力を借りるキツネ』

 この言葉は、あの「虎の威を借る狐」のニセ科学批判版である。
 【なりたち
 その昔、トラがキツネの言論に科学的な間違いを見つけたので、「けしからん」と思って苛烈に修正しようとしました。
 キツネは、自己弁護しました。
 「やめたほうがいいですよ、この私はとっても偉いキツネですから」
 「じつは私、あの空飛ぶスパゲッティ・モンスターに認められた一番弟子なのです」
 「うそだと思うのなら、私の後をついてきてください」
 「森中のケモノたちが、私にひれ伏すところを目撃できるでしょう」

 それを聞いたトラは、「そういうことがある可能性も、ゼロではない」と考えて、キツネについていきました。

 キツネが森の中を進むと、主観を根拠にした議論で和んでいたケモノたちは、一斉に逃げ出しました。
 ケモノたちは、キツネではなく、その背後に居るトラに修正されることを恐れたのでした。

 これを見た人々は、「トラの修正力を借りるキツネ」と言い表しました。
 長い年月が経つうちに、「虎の威を借る狐」という言葉に転訛しました。
 【なりたち、おわり
 この話の解釈は、『科学リテラシーの使いどころが分かっている人は、突然の災難に遭ってもすばやく対処できる』というものである。

「もしもニセ科学批判批判者が、『逆襲のシャア』のシャアとクェスとハサウェイとジャンク屋の会話を間違って覚えていたら」と考えました

 シャア:「ニセ科学批判の言論を嫌うとは、よほど嫌な思い出があるようだな、クェス・エア。なぜ、私のブログに興味を持ったのだ?」

 クェス:「あなた、人の思考はニセ科学批判批判に引かれるって言ったでしょ、あれ、あたしに実感なんだ」

 クェス:「でもさ、それが分かってるあなたは、不幸なブロガーじゃないかって、気になったの」

 シャア:「私は、信じるブロガー人生を進んでいるつもりだ」

 クェス:「あたし、白鳥が飛ぶ画像を、アムロがはてなブックマークして、あたしもはてなブックマークしたわ。そうしたら、あなたのブログが画面に現れた」

 シャア:「その流れの続きとして、アムロたちのニセ科学批判ブログを見限ったのか?」

 クェス:「あはは、あの人たちのブログは偶然見つけて、茶々のコメントを送っただけ。まともな議論すらしていないわ」

 ジャンク屋:「ニセ科学批判批判でネット上の天下を取るったって、大変だぜ」

 ハサウェイ:「炎上芸の連発に努めてりゃ、アクセス数を稼げるだろ。俺は、読者からの批判に強いんだ。んん? わっ、耳にいてっ」

 ジャンク屋:「はてなスターは、50個でいいんだな?」

 ハサウェイ:「ええ? ああっ、読者からの批判が殺到して、うわっ、耳にいてえ」