ネタのお言葉『炎上芸の思考は、まこと燃え尽きたあとの灰であるべし』

 この言葉は、あの荘子の「心は固に死灰のごとくならしむべし」の罵倒芸版である。
 【意訳
 ネット上で気分の赴くまま根拠の薄い自説を公開し、読む人の神経を逆撫でするような言論も平気で公開し、世間が騒ぐ様子を見るのは面白いものです。
 しかしながら、たまにはそのようなネット生活を変えてみるのもよいでしょう。

 炎上芸に満たされた自分の思考に水をかけて冷やし、灰のような気持ちになりましょう。
 すると、読者からの非難や支持の言葉に一喜一憂していた今までの自分が、居なくなります。いかなるコメントをもらっても、
 「私の炎上芸は、灰になっているのだから、もう燃えることはない」という気持ちで応対することができます。

 完全な無の境地になれとまでは言いませんが、なにを言われても涼しい顔を見せている自分で居ることは、罵倒芸の論者としての寿命を延ばせることも事実です。
 そうでなければ、「もうだめだ、私の芸風は、ブームが過ぎ去ってしまい、閑古鳥が鳴くばかりだ」という状態となり、意気消沈したままネット上から永遠に消え去るという結末を迎えるのです。
 炎上芸を末長く披露したいのであれば、燃え尽きて冷たくなった灰の思考を持ちましょう。
 【意訳、おわり
 そのように荘子は説いている。

ネタのお言葉『真のdisは勝ちの飽くを求むるなく、立ち位置の安きを求むることなし』

 この言葉は、あの論語の「君子は食飽(しょくあ)くを求むること無く、居(きょ)安きを求むること無し」の罵倒芸版である。
 【意訳
 真の罵倒芸を目指している論者ならば、議論の目先の勝ちにこだわってはいけません。
 下界で地味に活動するのを嫌がって、深山の頂きに赴いて安楽椅子を設置して座り、遠くネットの地上をぼんやりと眺めながら、好き放題にいっちょ噛みするような態度も、あってはならないことです。

 真の罵倒芸を目指している論者として、日々自問しましょう。
 例:「科学的にダメな説を声高に主張している人をネット上で発見したが、いまの私に何ができるだろうか」
 このように、罵倒芸の乱発を慎み、ここぞという時にdisを突きつけましょう。

 自分よりもレベルの高い罵倒芸論者を発見したときは、「できるぞ、あのようなdisり方、私にも簡単にできる!」などと言わず、素直にエッセンスを学びましょう。
 これらを実際のネット上で実行できた論者こそ、「真の罵倒芸を追究している御方だ」と読者たちから評価されるのです。
 【意訳、おわり
 そのように孔子は説いている。