ネタのお言葉『吾のdis、我のdisで覆われり』

 この言葉は、あの荘子の「吾、我を喪えり」(われ、われをうしなえり)の罵倒芸版である。
 【意訳
 「吾のdis」とは、思考の中で生まれたままの自然で素直なdisのことです。
 「我のdis」とは、思考の中で生まれた自然なdisを加工したdisのことです。

 罵倒芸の論者たちは、ネット上にデビューしたばかりの頃は、凝ったdisを作って公開することなど考えません。
 頭に浮かんだdisの文章を、そのまま具現化します。
 その後、各々がネット上で様々なdisり合いを経験し、少しずつ勝利を重ねるうちに、独自のdisり方を確立します。

 それは良いのですが、次のような考え方が頭を支配する可能性も高くなります。
 「自分のdisり方こそ絶対に正しいdisり方であり、他の罵倒芸論者たちのdisり方はダメダメである」
 ネット上のdisり合いで成功した方法にこだわるあまり、「別角度の視点からもdisる方法があるのでは?」という考えが次第に消えてしまうのです。

 いや、心の中で「自分のdisり方が絶対なのだ!」と思っているだけならば、まだ救いがあるといえるでしょう。

 問題は、他の罵倒芸論者たちのdisり方を表立ってダメ出しすることです。
 例:「たったいまから諸君は、私のようなdisり方を実行したまえ」
 「諸君のこれまでのdisり方は、封印とする」
 このように言われると、他の罵倒芸の論者たちは反発し、「disり方の違いを巡るdisり合い」が発生し、結論が出ずに終わり、消耗感だけが残ります。

 そうなった場合、罵倒芸論者たちの全員が、
 「議論の勝利を達成するために、数多あるdisり方から現時点で効果が高いと思われるdisり方を選択する」
 という考えを捨て去る事態となり、皆が「disり方の違いのためのdis」に没頭し、そのまま余生が尽きてしまいます。

 というわけで、「最近、読者の反応が悪いような? 少し前までは、」
 『シュッとしたdisですね! イバラを感じるdisですね! よくもまあ、そこまでのdisをお書きになられますこと!』
 「という感じで、私の罵倒芸を褒めてくれていたのに」と思った際は、
 「自分のdisり方が絶対なのだ!」という言葉が思考の真ん中に留まっていないかどうか、チェックしましょう。
 【意訳、終わり
 そのように荘子はアドバイスしている。

創作小話『苛烈なニセ科学批判者と相対主義ブロガー』

 ある苛烈なニセ科学批判者が、ネット上にあるニセ科学擁護論を片っ端から修正していました。
 そうしているうちに、次のような主張をする相対主義ブロガーを見つけました。
 「主流の科学も、絶対ではありません
 「主流の科学者たちが支持している説も、あくまで現時点では確からしい説のようだと思って支持しているにすぎません」
 「主流の科学が遠い未来に否定されてしまう可能性も、ゼロではありません
 「ゆえに、今あるニセ科学的な言説を頭ごなしに否定することは、思考が停止しているといえるでしょう」

 それを聞いた苛烈なニセ科学批判者がさっそく修正しようとすると、相対主義ブロガーは釈明しました。
 「この私は、ニセ科学に対して積極的な支持を表明したことなど、過去から現在まで一度もありません」
 「それどころか、世のニセ科学批判者達の大半は、私の主張を聞いていつも笑ってくれています
 「私の笑えるブログを修正して閉鎖に追い込めば、そのニセ科学批判者達の楽しみが一つ消えることになります」
 「そのような事態は悲しい未来だと私は考えますが、いかがなものでしょうか」

 聞き終えた苛烈なニセ科学批判者は、「一理ある」と納得して帰りました。

教訓】この話は、たとえニセ科学問題について相対主義的な意見を述べたとしても、『ニセ科学を積極的に支持するような表明』さえしなければ、比較的平穏なネット人生を送れるということを教えています。

ネタのお言葉『モヒカン的論者に会って、ニセ科学的思考を忘するによって、また真のリテラシーを得たり』

 この言葉は、李渉の詩「題鶴林寺」(かくりんじにだいす)のニセ科学批判版である。
 【意訳
 これまでの私は、あるひとつのニセ科学的なサイトを夢中になって読むという日々を過ごしてきた。

 しかし最近は、「なんとなくオワコンのような?」という疑念が強くなり、そのニセ科学的なサイトの管理人に向かって次のコメントを送った。
 「あまりに都合が良すぎる主張に思えますが、私は鵜呑みに信じて大丈夫でしょうか。というか、少し話を盛っていませんか?」

 たちまち管理人からキレ芸が返ってきたので、「これはどういうことだ、私は素朴な思いを述べただけなのに」と落胆し、ブラウザを閉じた。

 その後、「たしか、ニセ科学に批判的なサイトもあったような? 一応、訪ねてみようか」という思いが頭をよぎり、モヒカン的論者が運営するサイトを探し出し、質問のコメントを送った。

 まもなく回答をもらい、読み終えた私は、「なんの感情論もない、事実のみを淡々と記述した文章だ、こんなそっけないコメントをもらったのは初めてだ」と驚きながらも、やり取りを続けた。

 そうして過ごしていたある日、「私の思考の真ん中にあったニセ科学的な回路が、隅っこに追いやられている? な、なんだ、この新たなアンテナ感覚は?」という状態となり、モヒカン的論者がいうに、「それが科学リテラシーというものだ」

 このようにして私は、「あの説はニセ科学だ、その説はまともな科学だ、この説は判断材料が少ないので、結論を保留だ」という観察眼を得ることができた。
 【意訳、終わり
 そのような出来事があったと李渉は鶴林寺で報告している。

「ニセ科学批判者たちの大半は無理筋な左派批判をしている」という言葉で一人勝ちする方法

 ・まずは、次のように述べる。
 「最近は、ニセ科学批判者たちの大半がツイッター上で無理筋な左派批判を繰り返しているが、これはダメな事態なので反省したまえ

 ・すると、一人のニセ科学批判者が現れて質問する。「そのようなことを私はしていないはずだが、念のためどのツイートのことか教えてほしい」

 ・教えてあげる。「あなたのことではない、他のニセ科学批判者のことを言っている

 ・それ以降も「私のことか?」とニセ科学批判者たちが次々と現れるので、「あなたのことではない、他のニセ科学批判者のことを言っている」と返事してあげる。

 ・「結局だれのことやねん、具体的な名前と具体的なツイートを示してほしいねん」とニセ科学批判者たちがそろって言い出すので、答えてあげる。
 「諸君の胸の内に聞きたまえ、そうすれば具体的な名前が『じわあっ』と浮かび上がってくる」
 「以上で、具体的な解決方法の説明を終えるとする」

 ・これを聞いたニセ科学批判者たちは、「だめだこりゃ、これ以上のやり取りは時間の無駄じゃ」と言って帰る。

 ・その後ろ姿を確認したうえで、次のように宣言する。
 「あのニセ科学批判者たちは、何ら具体的な反論ができずに沈黙した。ゆえに、私の主張のほうが正しかったという理屈になる

 これで、一人勝ちを達成できたことになる。

 読者さまも、「あのクラスタの一部の人達の主張が気に入らないので、ダメ出ししたい。でも、具体的にダメ出しすると、具体的な議論が始まる恐れがある。そんな事態は嫌だ。さて、どうすべきか?」という心境になった際は、この方法を選択肢の一つに入れておこう。

 (この記事は、次の「はてなブックマーク」にインスピレーションして作りました)
 “。ニセ科学批判の少なくない人が、いまこのような無理筋な左派批判にはまっていて、” そうなのか? というか、曖昧なことを言わずにメンバのリストでも作って、そこに名前をつけて、集合を定義すれば良いのに。 - ublftboのコメント - はてなブックマーク