「もしも『Ζガンダム』のクワトロさんとカミーユさんが、ありえない言動を見せる論者の実在性について語っていたら」と考えました

 クワトロ:「聴衆に向かって次のような言動を見せる論者が居るはずだ」

 ≪クワトロが想像する論者の言動
 『私のウエブサイトにお集まりの皆さま、ただいまから大事な話をいたします』

 『ネット上で議論を行う際は、【誰が発言しているかによって是非を判断する】という態度を見せてはいけません』
 『それよりも、【発言の内容に的を絞って是非を判断する】という態度が望ましいのです』

 『あの人は〇〇だから……などと認知バイアスを発動せず、言っている内容に注目しましょう』
 『そのうえで賛美を表明したり、中立の読者をアピールしたり、これでもかとdisって吊るし上げの目にあわせたりしましょう』

 『今日より皆さんは、主張の中身のみを見てヒャッハーするネットモヒカンに成ってください』

 『おや? どこぞのブロガーが、ニセ科学問題に関する記事を公開したようですね?』
 『気になるので、そのブロガーにちょっと意見してきますね』

 『……あなたの職業は?』
 『あなたの学歴は?』
 『あなたの趣味は?』
 『あなたは、kikumaco氏やNATROM氏が行っているニセ科学批判に対して、どのような感想をお持ちですか?』
 『なお、肯定的な感想や中立的な感想を述べた場合、あなたは自動的に私の論敵と決まります

 クワトロ:「このような論者が一人くらいは実在するはずだ。それをネット上で探せ、行くぞ!」

 カミーユ:「居るわけないだろ、そんな言動を見せる論者なんて!