ネタのお言葉『ただ静寂の中で批判するブログ、たまに同調の声が飛んでくるあり』

 この言葉は、范成大(はんせいだい)の「夏日田園雑興」(かじつでんえんざっきょう)のニセ科学批判版である。
 【意訳
 ニセ科学推進者たちの声が倍化している昨今にして、さすがに私も我慢の限界を超えて批判ブログを開設した。
 
 無名の論者である私だが、それでも幾ばくかは科学的に正しい説を書くことにより、画面の向こうに居るサイレントマジョリティに評価を託す。

 私のブログの影響力がニセ科学推進者たちを凌駕する日が遠いことも承知してリラックスしており、悲観は少しもよぎらない。

 ネット上にある数多のニセ科学説に自分の過疎ブログからダメ出しする作業、まったく静かだなあと思っていると、一人の読者が現れて、「研究者としてなんの実績にもならないことをしているか? だが、大儀である」と応援の声を送ってくれた。
 【意訳、終わり
 そのような夏日があったと范成大は田園で術懐している。