ネタのお言葉『穏健派の罵倒芸論者は穏当なdisに安んじ、知性派の罵倒芸論者は穏当なdisを利とす』

 この言葉は、論語の「仁者は仁に安んじ、知者は仁を利とす」の罵倒芸版である。
 【意訳
 孔子が言いました。「自分が一人勝ちさえすれば良いと考える罵倒芸の論者は、支持者が少ない状況になると愚痴ばかりを述べはじめます」
 「多くの批判を一身に受ける状況になっても、逆切れして騒動を大きくするばかりで、とてものんびりしたネット人生を送ることができません」

 「穏健なdisのみを公開すると決めている罵倒芸の論者は、心の落ち着いたネット人生を長く送ることができます」
 「知恵のある罵倒芸の論者は、むやみやたらに毒吐きすることの不利を理解しており、遠まわしでふんわりとしたdisに留めておきます」
 【意訳、終わり
 トゲトゲしたdisを公開してばかりでは読者が飽きて去ってしまう。適度にトゲを抜いたdisならば、読者が安心して支持を表明できる。
 それを見た他の罵倒芸論者たちも、ウォームハートなdisを述べ始める。結果、ほのぼのとしたdisログが作られる。
 この流れを目指しなさいと孔子はアドバイスしている。