ネタのお言葉『よく明瞭をもってログを治めずんば、disをいかにせん』

 この言葉は、論語の「能(よ)く礼譲を以(もっ)て国を為(おさ)めずんば、礼を如何(いかに)せん」の罵倒芸版である。
 【意訳
 孔子が言いました。
 「頭にすっと入るようなdisコメントを皆が投稿すれば、ログの流れが素直になって、第三者にも読みやすくなります」

 「独りよがりなdisコメントを皆が投稿すれば、ログの流れがぎこちないものとなって、第三者にも読みにくくなります」

 「そのような無残なログを作り上げてしまっては、せっかくのdisコメント作りに要した時間と労力が無駄になってしまいます」
 【意訳、終わり
 自慢のdisりも、読む人に理解してもらえなければ意味がない。
 「どのようにすれば、万人に伝わるdisができるか?」
 という自問を常に行い、そのうえでdis作りに励む。
 そうして仕上げたdisならば、ほぼすべての読者に伝わるだろう。

 もちろん、
 「脳内に浮かんだdisをダイレクトに文章化すればよいのだ、そのほうが自分にとって楽な作業なのだ」
 という考え方もあるが、その場合は困惑のリアクションを見せる読者ばかりとなるだろう。

 例:『さっきから色々とdisの言葉を並べているけれど、結局あなたは何を主張したいの?』

 主張の中身が理解できなければ、賛否を表すことができない。
 いつまで経っても支持者が増えない。
 ゆえに、「明瞭で頭にすっと入るdis」の効果は高いといえる。
 このことを、孔子は数千年前に指摘していたのである。