ネタのお言葉『曰く、真のdisを教えん』

 この言葉は、論語の「曰(いわ)く、これを教えん」の罵倒芸版である。
 【意訳
 炎上芸を専門とするブログを孔子が訪れて感想を述べました。「読者の数が多いようですね」
 冉有(ぜんゆう)が問いました。「読者の数が多い炎上芸ブログでは、先生はどのようなコメントをなさいますか?」
 孔子が答えました。「disの仕方に豊富なバリエーションがあることをコメントするでしょう」

 冉有が再び問いました。「読者たちにdisり方の豊富さを示したあとで、何かすることはありますか?」
 孔子が答えました。「真の罵倒芸に導くでしょう」
 【意訳、終わり
 そのときに孔子が訪れたブログの管理人は、「多くの人々の神経を逆撫でするような記事を量産し、毎日のように炎上騒動を起こし、自分の名を世間に広く浸透させ、ついでにアフィリエイトの収入をゲット」というスタンスを採用していたが、
 「主張の中身はともかく、しっかりと炎上させて、きっちりと銭を稼いでいるのだから、偉いブロガーに違いない」という感じで愛読者たちは固い支持を表明していたために、数十年にわたって人気を保っていた。

 それを知った孔子は、直接に炎上芸を批判するのではなく、「これこれこのようなdisり方が他にもありますよ」と言って炎上芸以外の選択肢を教えてあげ、高みの罵倒芸を探究するための動機を授けようと試みたのである。

 「炎上芸は初歩的な芸であり、それで満足しているようではレベルの低い論者のままでネット人生を終えてしまう、これは虚しいリソースの使い方であり、改善しなければいけない」と孔子は考えていたのである。

 私の場合、「他所でなにかしら騒動が起きてしばらく時が経ったあと、『あと知恵バイアス』的な評論を一人で語って四方八方にドヤ顔を決めて締めくくる」という芸に関心はあっても、炎上芸に対しては今ひとつピンと来ない。

 孔子が炎上芸を幼稚な段階の罵倒芸と看做していたことを知った今、
 「炎上芸を自らの意図で発動させることは絶対にしないぞ!」
 「みんなから同時多発的に批判の言葉をもらって、結果的に炎上となってしまう場合は、あるかもしれん!」
 と表明しておく。