ニセ科学批判者たちから総ツッコミされた際に「主張の中身に関する具体的なツッコミが一つもない、嫉妬レベルのツッコミばかりだ」と述べて二度目の総ツッコミを誘う方法


 ・まずは、自分が運営するブログで次のように主張する。
 「罵倒芸イオンは実在する。なぜならば、『この宇宙空間のどこにも罵倒芸イオンは実在しない』という証拠が、いまだに見つかっていないからである」

 ・ニセ科学批判者たちから、総ツッコミをもらう。

 ・次のように反論する。
 「諸君のツッコミは、瑣末なものばかりで話にならない。私の論が高尚すぎて諸君の手に負えず、嫉妬のレベルでしか物申せないことには同情する」

 ・ドヤ顔を決める。

 ・ニセ科学批判者たちから、二度目の総ツッコミをもらう。

 ・ミッションコンプリートである。

 【この芸の新規な点】科学的に変な主張を述べてニセ科学批判者たちから総ツッコミをもらった際に、「私の主張の中身に真正面から反論する力量がないために、妬みレベルのコメントしかできないようだ」という態度で応じるところが、新規である。

 【この芸で気をつける点】ニセ科学批判者たちから一度目の総ツッコミをもらったときに、「なるほど、たしかに私の主張は科学的にダメすぎですね」と納得しないこと。
 「諸君のツッコミは表層的なものばかりだ、具体的なことを述べるとボロが出てしまうと恐れているのであろう、その意味では哀れな人たちといえる」という態度で頑張ること。そうすれば、二度目の総ツッコミイベントがより起きやすくなる。

 以上、「ニセ科学批判者たちから総ツッコミされた際に『主張の中身に関する具体的なツッコミが一つもない、嫉妬レベルのツッコミばかりだ』と述べて二度目の総ツッコミを誘う方法」であった。
 (この記事は、以下のはてなブックマークにインスピレーションして作りました)
 lebさんのコメント
 嫉妬がすごいなあ。はてな民の学歴コンプは深刻なレベル

 【追記】どんなに鋭いツッコミをもらっても、「私の記事に対して何やら否定的なコメントを述べる読者たちが居るようだが、その読者たちは私の記事の中身について具体的な反論ができていない人たちばかりであり、単なる嫌悪感しか表明できていない人たちばかりである」という態度で頑張るブログ運営を行った場合、論者としての信頼が地に落ちるまでの時間はどれほどであろうか? あとで思索しておく。

ネタのお言葉『よりdisく推敲』

 この言葉は、「推敲」の苛烈なニセ科学批判版である。
 【なりたち
 今から数千年前、ニセ科学批判の新人であるAさんが、新しく開設するブログのタイトルを模索していました。
 あれこれ考えた末に、『僕は諭す、目下のニセ科学を』というタイトルに決定しました。

 しかしながら、「ブログをネット上で公開する」のボタンを押す前に、「諭すの部分が今ひとつだな、直すにしたほうがいいかな?」とAさんは迷いました。
 迷いすぎて、見知らぬウェブサイトのコメント欄の投稿ボタンを、間違って押しました。
 見知らぬウェブサイトの管理人:「なんだ、この意味不明な投稿は? さては、非科学的な思考を持つ輩の仕業だな?」

 そのウェブサイトの管理人の正体は、苛烈なニセ科学批判者のBさんでした。
 Aさんから事情を説明されたBさんは、「なんだ、非科学的な思考の輩ではなかったのか」と思いながら助言しました。
 「直すではなく、叩くが良い」「いや、叩き潰すが良い」「よりdisい言葉を使用すれば、より読者の関心が強くなる」

 Aさんは、「なるほど、よりdisい言葉を採用するのも有りか」と納得しました。
 その後、AさんはBさんとブレインストーミングを実行し、新しいブログのタイトルを最終決定しました。

 『僕は叩き潰す、ニセ科学推進者の説を。ニセ科学推進者の本を好意的に紹介して拡散する有名人の、ツイート群を。中立の傍観者を名乗りながらも結局はニセ科学に利する発言ばかり繰り返してドヤ顔を決める、エセインテリの態度を。科学文明社会の維持を脅かす非合理な事象現象を、僕は片っ端からサーチ&デストロイして浄化してあげるんだ。目下そんな感じのブログ』

 AさんとBさんは、苦労の成果を喜び合いました。「ニセ科学問題を知らない人にも直ぐに趣旨を理解してもらえる良いブログタイトルができた」

 この話を知った人々は、趣旨の分かりやすさを重視したブログタイトルに仕上げる行為を、「よりdisく推敲」と言い表すようになりました。
 【なりたち、終わり
 一部の研究者は、これが本来の「推敲」と考えている。数千年の時が過ぎるうちに、「よりdisく」の部分が省略されてしまったという。
 それが事実かどうかはともかく、穏健派のニセ科学批判者様におかれては、「今日もまた、ニセ科学を好意的に説く論者の姿をネット上で目撃いたしました、遺憾なので今から私が諭してあげますね」と思って諌めの記事を書く際は、「よりdisい方向の文章に仕上げる選択肢もある」と呟くことを習慣にしよう。
 そうすれば、スランプに陥った時に「私には芸風の引き出しがもう無くなった、このうえは引退するしかない」と成らずに済む。