「もしも罵倒芸の論者が、アニメ『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール』の第84話【ウラヤマさんちの大食いウリムー!】に登場するウラヤマさんの台詞を間違って覚えていたら」と考えました

 ナレーター:「突然に訪問してきた見知らぬ他人のサトシたちに、ウラヤマさんは余裕の態度で自宅を案内しました」

 ウラヤマ:「はっはっは、どうだい、私の館の裏庭は」

 ウラヤマ:「広いだろう? うらやましいだろう? 管理が大変そうだろう?」

 ウラヤマ:「それぞれ違った芸風を見せるポケモンたちが棲み着いているだろう? たとえば、」

 『自分は無名の疫学素人だ、しかし直感の鋭さはネット上で一番の人だ』

 ウラヤマ:「と表明し、疫学の玄人たちが居るログに自信満々で乗り込んで論戦を挑み、これでもかというほどの修正をもらった後、」

 『この私は、疫学素人なりの意見を述べたまでのこと

 『この私は、個人的にこしらえた主観データを公開したまでのこと』

 『あまりに世間知らずな諸君の言動を憂慮した私は、【こんな疫学素人もネット上の片隅に居ますよ、今後の啓蒙活動の参考にしてくださいね】と情報提供したまでのこと

 『その私に向かって諸君がマジな批判を突き出すとは何事か』

 『これだから世のすべての疫学玄人たちはダメなのである』

 ウラヤマ:「と強引に一般化して結論する芸風のポケモンも、居るだろう?」

 ウラヤマ:「いやあ、私も、」

 『論戦の負けが確定した状況にもかかわらず、あれやあこれやと言い訳し、逆に自分が勝っているかのような雰囲気を出してドヤ顔の、プライドの高さだけはネット上で一番の疫学素人』

 ウラヤマ:「という芸風を披露するポケモンに成りたいものだよ、はっはっは」

 ヒカリ:「ポケモンバトルでピンチになったら無理筋な勝利宣言を発動する特性のウリムー、ゲットで大丈夫!」

 サトシ:「よかったな、ヒカリ」

 サトシ:「これからは、【どんな御題の論戦でも負けない自分、最低でも、イーブンで終わる自分】を演出できるな」

 タケシ:「その演出を鑑賞した今までの支持者たちは、【ヒカリさん……変わってしまったな……】と失望して離れても、【そんなヒカリさんは有り!】と肯定する新たな支持者たちが現れるってわけだ」

 モニカ:「もうすぐ、カンナギタウンでマウンティング大会が開催されます、ヒカリさんも参加されてはいかかでしょうか」

 ヒカリ:「ようし、先日のミクリdisカップに続く優勝を果たすんだから!」

 ウラヤマ:「うんうん、また私の裏庭に来てポケモンたちの芸風を盗んでくれたまえ、はっはっは」(おわり)

「もしもアニメ『ポケットモンスター』の登場人物であるゴウさんが、インターネットを閲覧していた際に、それまでの人生で見たことのない芸を実行している論者の姿を目撃したら」と考えました

ゴウ:「おや? あの論者の再反論の仕方、どこかおかしいぞ?」

ゴウ:「みんなからのツッコミに対して、真正面から答えていないぞ?」

ゴウ:「気になるから図鑑で調べてみよう、スキャンボタンをポチっ」

ロトム図鑑:「論点のすり変えぇ!

ロトム図鑑:「議論の流れが自説にとって不利になるとぉ、別の話をひたすら語りぃ、議論をうやむやで終わらせるぅ!」

ゴウ:「なるほど、論点のすり替えという技か」

ゴウ:「いつの日にかミュウをゲットするという俺の夢に役立つか否かはともかく、」

ゴウ:「サトシとディベートを行う際には、重要な奥の手となるかもしれない」

ゴウ:「一応は思考にインプットしておこう、それっ」

ロトム図鑑:「ナーイス! ゴウの芸風に論点のすり替えが追加されますぅ!」

ゴウ:「どうだラビフット、俺の芸の幅が拡くなったぞ」

ラビフット:「……」

ゴウ:「リアクション無し? クールハートか? ヒバニーの時の陽気は、どこへ行ったんだ?」

サトシ:「おいおいゴウ! 俺たちが住むこの世界にはな、進化すると性格が変わるポケモンも居るんだぜ!」

ゴウ:「ふうん、それは知らなかった、ありがとう……って、サトシ居たのか」

サトシ:「ああ居たさ! ゴウが論点のなんちゃらを思考にイノセントした時からな!」

ゴウ:「そうなのか? じゃあ、ディベートするか?」

サトシ:「だが断る!……言い間違えた、ディベートする!」

ナレーター:「こうしてサトシとゴウは、インターネットの閲覧を中止してディベートを始めました」

ゴウ:「だから『思考にイノセント』じゃないって、『思考にインプット』だって」
サトシ:「えっ、君は千パーセント?」
ゴウ:「それはオメガトライブだって」
サトシ:「えっ、オロチのライトが眩しい?」
ゴウ:「それはモンスター銀河だって」
サトシ:「えっ、モエタランガ?」
ゴウ:「……。ちがうっつーの!」

ナレーター:「次第に意地の張り合いとなり、双方とも『お前にだけは負けたくないっ』となり、ついには非難合戦となりました」

ゴウ「なんだよ、その直感ありきの論は!」
サトシ「そっちこそ、客観的なデータで攻めてくるって、ずるいぞ!」

サクラギ博士:「おーい、サトシ君とゴウ君、調査して欲しいことがあるからガラル地方まで行ってきてもらえないか……」

サクラギ博士:「って、すごい雰囲気だな、自己主張の練習かい?」

サクラギ博士:「自分の考えをちゃんと言える若者たち、感心、感心」

サクラキ博士:「ゆえに今日の出張は免除してあげよう」
(おわり)
コハル:「……あたしの出番は?」
ワンパチ:「……ぼくのでばんは?」
ピカチュウ:「よかった、ぼくはかんぜんオフのひだった」