「もしもニセ科学を軽い気持ちで信じて好意的な記事を書いた後に識者たちから総ツッコミをもらって驚いたブロガーが、漫画の『北斗の拳』のダイヤさんと村人の会話を間違って思い出したら」と考えました

 村人:「この私は、悪気のない科学の素人です。何気なく科学的に間違った記事を書いて、普通にブログ上で公開しただけなのです」

 村人:「それにもかかわらず、事細かく間違いをチクチク指摘するとは、あんまりな仕打ちです」

 村人:「おかげで、私の清らかで静寂なブログが大炎上を呈することになってしまいました」

 村人:「なぜに、そこまでして冷徹なツッコミを寄越すのですか? そんなことしないで、もっと科学素人である私の心情に優しく寄り添うべきでしょう?」

 ダイヤさん:「なぜ?」「……」
 ダイヤさん:「貴様らのムラビト的なブログが炎上することに、理由などいらん! すべて俺たちネットモヒカン族の気分次第よ!」

 ダイヤさん:「というわけで、貴様が科学的に間違った記事をブログ上に公開したことを真に反省するまでは、俺たちによる説教コメントの投稿が続くのであった。めでたし、めでたし」

 村人:「そ、そんな理不尽な落ちで私の疑問を終わらせようと!?」