創作小話『過度な一般化を行っていた科学素人とネットモヒカン族』

 そのモヒカン的論者は、『自分の個人的な体験談を一般化して語ってドヤ顔を披露する人々が集っているブログ』を見つけたので、さっそくdisを送ろうとしました。

 すると、そのブログの愛読者の中の一人が自分の立場を釈明しました。
 「この私は、科学の素人です」
 「自分の個人的な体験談を一般化して語ってドヤ顔を披露する行為が、科学的に駄目な行為だとは全く知りませんでした」

 「そういうわけですので、嬉々として過度な一般化に勤しんでいた他の人たちはともかく、素朴で悪気のない善良な科学素人である私に対しては、disを呈さないでください」

 それを聞いたモヒカン的論者は、頷いて言いました。
 「なるほど、あなたの釈明内容は確かに事実なのでしょう」
 「しかしながら、私が把握している事実は、自分の個人的な体験談を一般化して語ってドヤ顔を披露していた人々の中に、あなたも含まれていたということです」

 「ゆえに、あなたは他の人たちと一緒に吊るし上げの目に遭ってもらうしかないのです」

 【教訓】この話は、個人的な体験談を一般化して語ってドヤ顔を決めたあとで同情を願っても手遅れということを教えています。