創作小話『自分の繰り返しに気がついたニセ科学批判者』

 そのニセ科学批判の新人ブロガーであるAさんは、初めてニセ科学擁護者と対話して、初めて説得に成功しました。

 一年後、Aさんは別のニセ科学擁護者と対話して、またも説得に成功しました。

 五年後も十年後も、Aさんは数多のニセ科学擁護者と対話して、すべて説得に成功しました。

 いまやAさんは、ベテランでやり手のニセ科学批判ブロガーとして、他のニセ科学批判者たちから尊敬される存在となっていました。

 そこへ、「ニセ科学批判者の盲点を指摘することにかけては宇宙一の傍観者」を自称するBさんが現れて、意見しました。
 「Aさんは、ニセ科学批判を始めた過去から現在に至るまで、同じことしか言っていない」

 「すなわち、いかにニセ科学が駄目なものかという説明だけである」
 「十数年にわたって新しさのない言論活動を行って、虚しくはないかね?」

 それを聞いたAさんは、虚しくなりました。
 「Bさんの言うとおりだ、この私はニセ科学の駄目さ加減を述べる言論しか発してこなかった」
 「こんな繰り返しのニセ科学批判ブロガー人生は、もううんざりだ」

 言い終えたAさんは、ブログを閉鎖してネット上から消えました。
 以上、「自分の繰り返しに気がついたニセ科学批判者」というお話でした。
 (この話は、以下の「はてなブックマーク」にインスピレーションして作りました)
 『はてなブックマーク - はてなブックマーク - mika_berryさんのツイート @ALC_V @cochonrouge @NATROM 検査すんなってか。検査が必要か否か、ってこの人専門家なん 甲状腺の。』