ネタのお言葉『エルバッキー有りて遠方より来る。また楽しからずや』

 この言葉は、論語の「朋(とも)あり遠方より来(きた)る」のエルバッキー版である。
 【意訳
 あのエルバッキーが、遠い星から私の庵を訪ねてきた。
 私は、ネット上における罵倒芸の是非をエルバッキーに質問した。
 エルバッキーは、深く頷いて、「にゃー、にゃー」と復誦した。
 宇宙動物であるエルバッキーと語り合った一時は、楽しかった。
 
 およそ、他人には理解できない話であろうが、私は気にしていないし、エルバッキーも気にする様子はない。
 ああ、そうだ。エルバッキーは、いついかなる時も君子然としているのだ。
意訳、おわり
 あのエルバッキーは、過去に孔子と出合っていたといわれている。これが、その証拠なのだという。