創作小話『ネットモヒカン族と論争するために鍛えられたムラビト的読者』

 そのムラビト的なブログの管理人は、愛読者たちに向かって言いました。
 「まもなく、ネットモヒカンたちがやってきます」
 「論争に負けないためにも、あなた方は客観的な事実を重視する思考を鍛えてください」

 それを聞いた愛読者たちは、一生懸命に思考を鍛えました。おかげでネットモヒカンたちとの論争は互角で終わりました。

 ムラビト的なブログの管理人は言いました。
 「皆さま、お疲れさまでした」
 「主観の論を重視する思考に、戻りましょう」
 「感情論を重視する思考に、戻りましょう」
 「客観的な事実を重視して語るのは思考に負担がかかります、とても長時間は継続できません」

 愛読者たちは言われたとおりにしました。

 しばらくすると、またもやネットモヒカンたちがやってきました。
 ムラビト的なブログの管理人と愛読者たちは、対抗言論を掲げることができず、徹底的な修正を受けました。

 ムラビト的なブログの管理人は、ふがいない愛読者たちを叱りました。
 「皆さんの体たらくは何ですか、ネットモヒカンたちに対抗するには客観的な思考が必要と私は言いつけていたでしょう」

 愛読者たちは反論しました。
 「たしかに私たちは、客観的に物事を語る思考を頑張って身に着けることに成功していましたが、あなたと主観的な会話を交わしていたせいで、すっかりムラビト的な思考に戻ってしまいました」

 「再びネットモヒカンたちが来たからといって、ムラビト的な思考をすぐにモヒカン的な思考へ切り変えることなどできません」

 【教訓】このように、客観的な思考を身に着けたから大丈夫と油断している時ほどしんどい状況が発生するのです。