ネタのお言葉『変なdisの人』

 この言葉は、あのガエターノ・ブルネッティの作品である「変人」の、罵倒芸版である。
 【なりたち】
 遠い昔のこと。あのルイジ・ボッケリーニが、愛読していたブログにdisのコメントを連続で投稿した。
 そのコメント群を読んだブログ主は、感想を述べた。
 「ディ、ス! ディ、ス! これは、酷い!」

 ボッケリーニは反論した。
 「disの対話が見事になされたとき、disの単調さは失われます」

 それでもブログ主は不満を述べた。
 「ディ、ス! ディ、ス! 飽きもせず、この調子! まったく、愉快なdisだこと!」

 ボッケリーニは諭した。
 「ブログ主さま、拙速な判断を下す前に、今一度だけdisに対する理解を深めてください」

 ブログ主は納得せず、ボッケリーニをアクセス禁止にして追い出した。

 その騒動を後になって知ったブルネッティは、単調なdisを延々と繰り返すサイトを作って公開した。
 そのサイトのタイトルこそ、「変なdisの人」だった。(終わり)