創作小話『苛烈なニセ科学批判ブログにわくわくしたムラビト的論者』

 ムラビト的な論者のAさんは、苛烈なニセ科学批判ブログを初めて見つけて、わくわくしました。
 「見たことのない専門用語がたくさん並んでいて、かっこいいブログだな!」

 しかしながら、読み終えたあとのAさんは、がっかりして言いました。
 「なんだこのブログ、主観を根拠にした記事が、ひとつもないじゃないか……」
 「こんな客観的な記述しか置いてないブログは、ぼくにとっては価値がゼロ以下だよ!」

 【教訓】これは、「私が支持しているニセ科学的な説って、あまりに耳当たりのよいことを多く主張しているような?」と気づき始めた人に読んでほしいお話です。