創作小話『同時に信頼を失ったニセ科学擁護者と罵倒芸の論者』

 そのニセ科学を強固に擁護するブロガーのAさんは、罵倒芸の論者に発見されて、
 果てがないかと思うほどのdisり合いを演じました。

 Aさん:「消えろ、ニセ科学の万能効果を認めない、頭の固い読者め」
 罵倒芸の論者:「お前こそ消えろ、科学リテラシーの低い、愚民ブロガーめ」

 すべてを見ていた聴衆は、「科学的な事実を無視するAさんの発言は、もう信頼できないよね」と評しました。
 罵倒芸の論者に対しては、「なんて口が悪いんだろう、もう一文字もコメントを読みたくないよ」と評しました。

 Aさんは、信頼を失くした自ブログを閉じながら言いました。
 「悲しいけれど、あの罵倒芸の論者も評判がすこぶる悪くなったのだから、イーブンとしよう」

 【教訓】これは、自分が不幸になった時に論敵が不幸になっているのを見ると少しは不幸感が薄れるという、人間のさがのお話です。