創作小話『小さな科学的間違いを見逃してくれと言った者』

 科学的に間違ったブログ記事を書いたAさんは、苛烈なニセ科学批判者に発見されたので、お願いしました。
 「この記事は、ほんの小さな間違いしか含まれていません」
 「近い将来に、もっと大きな間違いが含まれた記事を書くと思いますので、今回は見逃してください」

 苛烈なニセ科学批判者は答えました。
 「あなたが近い将来に大間違いの記事を書くというのは、ありそうな話です」
 「というわけで、あなたの科学的な間違いが小さい今のうちに、徹底的に批判して正しておきます」

 【教訓】この話は、ニセ科学が社会に広くはびこる前の小さな芽の状態で摘んでおけば、ニセ科学批判の労力が比較的すくなくて済むという現実を明らかにしています。