創作小話『ブログを見せ合ったロバとキツネとライオン』

 ロバとキツネとライオンが、自ブログを見せ合いました。

 ロバは、ライオンに向かって言いました。
 「私のブログには、科学的に間違っている記事など、ひとつもありませんよ」
 「善意のデマを無邪気に拡散する、そんじょそこらの科学リテラシーの低い一般ブロガーたちとは、格が違うのですから」

 それを聞いたライオンは、ロバのブログの過去記事をすべて読みました。
 科学的に少し間違っている記事を、ひとつ発見しました。
 ライオンは大いに怒り、ロバのブログを散々に叩いて閉鎖に追い込みました。

 ロバ:「え? はへ? ちょ、ちょっと待ってくださいよ、ほんの小さな間違いにすぎないじゃないですかって……りりり、りふじんなぁ!」

 今度はキツネの番になりました。
 キツネは、ライオンに向かって言いました。
 「ぼくのブログには、科学的に間違っている記事が山ほどあります、どうぞご鑑賞ください」

 ライオンは、感心しました。
 「その素直な応対、どのようにして覚えたのか?」

 キツネは答えました。「はい、ロバくんの消え方からです」

 【教訓】この話は、自分の科学的間違いをはやめに認めると相互理解に至るスピードもはやくなるということを教えています。