ネタのお言葉『ニセ科学へのツッコミ、全身で入れたる日頃』

 この言葉は、あの「清夜吟」(せいやのぎん) のニセ科学批判版である。
 【意訳】
 ニセ科学批判者たちが、いたって怪しい説に向かって、全神経を使って毎日のようにツッコミを入れていた。

 ガゼな説たちは、それでも社会の水面下に浸透していった。
 一般の人たちは、ニセ科学問題の意味を、精一杯も知らない。

 と思いきや、一人の通りすがりのニセ科学信奉者が、
 ニセ科学批判者の過去ログを「はっ!?」として振り返り、科学的な思考を身につけた。

 「ほとんどの人には、読まれもしないだろうけれど」
 と悲観しながらネット上の片隅に置いた対抗言論は、稀にでも成果を出したのだ。

 【意訳、おわり】
 そのように邵雍(しょうよう)はネット上のニセ科学批判を眺めていた。