ネタのお言葉『人に授けるにdisをもってするは、disり方をもってするにしかず』

 この言葉は、あの『人に授けるに魚を以ってするは、漁を以ってするに如かず』の罵倒芸版である。
 【意訳
 罵倒芸のバリエーションが貧しい人にdisの文章を与えれば、その人は一日はdisの発表に困らない。

 しかし、disの文章の作り方を教えれば、その人は一生のあいだdisの発表に困らない。

 罵倒芸の論者がネット上で生き抜くために必要なものは、disそのものではなく、disの技である。
 【意訳、おわり
 そのように老子は言っている。