創作小話『小物を名乗るブロガーと、苛烈なニセ科学批判者』

 苛烈なニセ科学批判者であるAさんが、Bさんのブログにニセ科学擁護の記事を見つけたので、批判しようとしました。

 Bさんは、「これしきのことで炎上させられてはかなわん」と思い、急いで釈明を始めました。
 「私が書いた記事には、批判する価値などありません」
 「なにしろ私は、ネットの片隅で細々と記事を公開している、ただの泡沫過疎ブロガーなのですから
 「しかも悪意はなく、無知ゆえにニセ科学を擁護したにすぎません」
 「ところで、この地球上には、銭もうけのためにニセ科学を声高に擁護して、大いに世間を騒がしている人たちが居ます」
 「ゆえに、私のような小物は無視して放置して、その大物たちの科学的な間違いを批判するべきという結論になります」
 「どのように思われますか、この釈明の仕方は」

 Aさんは答えました。
 「科学的な間違いを批判するときに、小物も大物もありません」
 「自分の観測範囲に入った科学的な間違いを、正しいものに直す。それだけのことです
 「なお、その大物とやらの科学的な間違いも、とっくに私は批判しています。あなたが知らないだけです」

 【教訓】これは、苛烈なニセ科学批判者の場合、対象の科学的な間違いの大小にこだわらず、
 とにかく発見したら直ちに批判を実行するという現実を教えています。