創作小話『ミュウズの女神と、罵倒芸の論者』

 その昔、ミュウズの女神が歌っていると、人間たちが感動して、一緒に歌いはじめました。

 次に、ミュウズの女神がdisを述べると、人間たちは感動して、disを述べはじめました。
 一部の者たちは、食事や睡眠をとらずにdisを述べ続けて、疲弊して倒れました。
 それを見たミュウズの女神は、その者たちを罵倒芸の論者にしてあげました。

 このために、現代のネット上でも、食事や睡眠を忘れてdisり続ける論者が存在しているのです。