創作小話『記事を批評されて愚痴を述べたブロガー』

 その主人公であるAさんは、愚痴を述べました。
 「私のブログの評判が、最近よろしくない」
 「おそらくは、はてなブックマークに集まっている人たちが、次のように言っていることが原因だろう」

 『A氏の書く記事は、科学的に間違っている部分がありすぎる』
 『しかも、それを読者から指摘されたA氏は、相手の誤読のせいにして知らん顔を決めている』
 『ネット上で一番に科学リテラシーが高いブロガーですと自称しているA氏だが、そんなアピールはそろそろやめてほしい』
 『いや本当に、A氏の科学的に間違っている記事を真に受けて変なことを言いだす科学素人さんたちが、実際にいらっしゃるんですよ』

 「こんなことを言っている人たちの大半は、自ブログを持っていないようだが、」
 「自ブログを持っていない人たちに、私の記事をあれこれ批評する資格があるだろうか?」
 「いや、無い」
 「というわけで、自ブログを持っていない人たちは、永遠に沈黙を保っていなさい

 それを聞いた自ブログを持っていない人たちは、それぞれ新しくブログを開設したうえで、Aさんの記事を批評しました。
 そのために、『Aさんが書く記事は科学的な間違いが多いらしい』という噂が、より世間に拡大しました。

 その状況を確認したAさんは、「愚痴を述べ、ますます増える、風当たり」と一句詠んでブログを閉鎖しました。

 【教訓】この話は、「自ブログを持っていない人たちに私のブログ記事を批評する資格はない」と主張すると、
 批評する人の数が以前よりも増えるという現実を明らかにしています。

 (この記事は、以下の「はてなブックマーク」にインスピレーションして作りました)
 はてなブックマーク - はてブで「お前のブログ面白くないよ」という人に限ってブログを書いていない件について - 近畿地方から送るゆる~いブログ