創作小話『強い科学リテラシーを持った人』

 村の外れを歩いていたAさんは、「私が売るニセ科学製品は万能です」と主張する流れの詐欺師と出会いました。
 話を信じたAさんは、ニセ科学製品を購入しました。

 その後、騙されたと知ったAさんは、去っていく詐欺師に向かって叫びました。
 「お前は私の懐から銭をうばったが、かわりに私の懐には強い科学リテラシーが宿ったのだぞ!」

 【教訓】この話は、詐欺の被害をばねにして成長を誓う人は必ずニセ科学批判者になるということを教えています。