「ニセ科学批判=冷笑と受け取られる背景は、云々」という伊藤剛さんのツイートから話を整理する

 次の記事を読んだ。
 はてなブックマーク - 伊藤 剛さんのツイート ニセ科学批判=冷笑と受け取られる背景には、やはり「と学会」のありようが大きくあるでしょう。 唐沢俊一をしっかり批判してこなかったツケは間違いなくあ
 (ublftboさんのコメントから引用)
 唐沢俊一氏というのは、原発事故にまつわる「福島差別やデマゴギー」に匹敵するインパクトを持つ論者ということ? 私は、ほとんど何をした人かすら知らないですが。

 なるほど、私にも話がよく見えてこなかったので、ちょっと整理する。

 ・「ニセ科学批判=冷笑と受け取られる背景には、『と学会』のありようが大きくある」という主張が、事実だとする。
 「唐沢俊一をしっかり批判してこなかったツケ」も、間違いなくあるとする。
 「反原発が福島差別やデマゴギーを批判すべきというのと同じ話」という主張も、事実だとする。

 ・ところが、ublftboさんには今ひとつピンと来なかった。
 
 ・つまり、「唐沢俊一氏をしっかりと批判することの重要性」を世のニセ科学批判者たちに対して説く活動が、今まで不足していたことになる。

 なるほど、こういうことらしい。
 この流れからすると、これから伊藤剛さんは世のニセ科学批判者たちに対して、
 「唐沢俊一氏をしっかりと批判することの重要性」を今以上に訴える活動を始めるのであろう。

 そのときになって、地球上に存在するすべてのニセ科学批判者たちが、
 「なんと、我々の気がつかないうちに、そんなことになっていたのですね、これは至りませんでした」
 「以後、あらためます」
 と一斉に反省の姿を見せるのだ。(と予言しておく。当たる確率は、けっこう高いと自負する)