ネタのお言葉『論敵のdisを知り、己のdisを知れば、百の論戦もあやうからず』

 この言葉は、あの孫子の「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」の罵倒芸版である。
 【意訳
 論敵のdisり方と自分のdisり方の詳細を把握しておけば、ネット上でdisり合いを百回繰り返しても負けることはありません。

 論敵のdisり方を把握せず、自分のdisり方のみを承知している場合、disり合いで負ける確率は50%となります。

 論敵のdisり方と自分のdisり方の両方を把握していない場合、disり合いを何度行っても負け続けてしまい、
 「貴重な時間と労力を使っていながら、私はいったい何をしているのだろうか……。こんなネット生活を送っていて、本当によいのだろうか?」という自己問答の状態になります。

 罵倒芸は成り行きで行えばよいというものではなく、事前の入念な情報収集や、論敵と自分の実力の比較検討が大切です。
 その分析の結果が自分に不利と出たならば、
 「そんなのありえない、ぼくが一番、disを上手く操れる、論者なんだ、ゆえにGO!!」
 というガンダムのアムロ風の気持ちを抑え、ネット上のdisり合いに参加しないという行動を選択しましょう。
 その選択が、やがては自分の長期的な勝利につながるのです。
 【意訳、おわり
 このようなことが孫子に書かれている。