ネタのお言葉『憂いあれば、すなわちdisが救われず』

 この言葉は、あの荘子の「憂いあれば則ち救われず」の罵倒芸版である。
 【意訳
 どんなにベテランの罵倒芸論者であっても、悩み事がある状態では、的確なdisをネット上で公開することができません。
 そのようなときは、disを一旦やめて、悩み事を先に解決しましょう。

 「そんなわけにはいかない、私は今すぐにdisのコメントを発表したいのだ」という気持ちも分かりますが、
 悩み事がある状態で放つdisは、もやもやした内容になりがちであり、読者にとって理解しがたい文章になりますから、不親切です。

 無心の罵倒芸の域にまで達しなさいとまでは言いませんが、
 悩み事のない、晴れ晴れとした心で実行する罵倒芸は、多くの人を魅了して固く支持されることも事実です。
 
 自分の罵倒芸をネット上で末永く公開したいのであれば、悩み事のない心理状態を常に保つことが大切です。
 【意訳、おわり
 そのように荘子はアドバイスしている。