ネタのお言葉『disの効力を知りてdisれども、ルール無用のデスマッチまで生ずるは、また行うべからざるなり』

 この言葉は、あの論語の「和を知りて和すれども、礼を以って之を節せざれば、また行うべからざるなり」の罵倒芸版である。
 【意訳
 disり合いは抑制の態度が尊いのであり、ネットの黎明期に活躍した罵倒芸の論者たちも、
 静かな雰囲気のdisり合いを美しいとみなして実践していました。

 しかしながら、最近の罵倒芸の論者たちの一部では、
 「とにかくdisる! とにかくdisで、自分を押し通す!」という前のめりの姿勢が支配的であり、嘆かわしいことです。

 disの効力を最大限に引き出すことは良いのですが、disることそのものが目的と化したdisり合いは、また美しさも無くなってしまうのです。

 無の境地の罵倒芸を実行せよとまでは言いませんが、とりあえずは、
 「余計なことを言わず、相手の主張の内容に的を定めて、disを突きつける」
 「逆に、自分の主張の穴にdisを突きつけられたときは、素直に認めて主張の穴を埋める」
 という態度を維持することにより、皆さんにも美しいdisり合いが達成できることでしょう。
 【意訳、おわり
 そのように有子は説教している。