ネタのお言葉『500歳が過ぎてdisの春とみなし、次の500歳が過ぎてdisの夏とみなす』

 この言葉は、あの荘子の「五百歳をもって春となし、五百歳をもって秋となす」の罵倒芸版である。
 【意訳
 ネットの果てに、「dis冥霊」という木があります。
 この「dis冥霊」の姿は、いつもはうっすらとしか見えませんが、500年に一度だけはっきりと見えます。

 disを続けて500年が経ち、「dis冥霊」をしっかりと拝見できたならば、あなたの罵倒芸は春を迎えたといえます。
 その後もdisを続けて500年が過ぎ、再び「dis冥霊」の姿をくっきりと拝見できたならば、あなたの罵倒芸は夏を迎えたといえます。
 その次の500年はdisの秋、また次の500年でdisの冬、これでdisの四季がひとつ完了したことになります。

 「dis冥霊」をはっきりと見た数が100回に達したとき、あなたは20万年ものあいだ罵倒芸を続けていた計算になります。

 この話を聞いて、「なるほど、20万年か。いままでネット上のdisり合いで負けてばかりで気落ちする日々を送っていたけれど、なんだかちっぽけなことに思えてきましたよ」
 というリアクションができたならば、正しい読み解きといえます。
 【意訳、おわり
 このようなポジティブ思考法を荘子は提示している。