「ニセ科学批判者たちの大半は無理筋な左派批判をしている」という言葉で一人勝ちする方法

 ・まずは、次のように述べる。
 「最近は、ニセ科学批判者たちの大半がツイッター上で無理筋な左派批判を繰り返しているが、これはダメな事態なので反省したまえ

 ・すると、一人のニセ科学批判者が現れて質問する。「そのようなことを私はしていないはずだが、念のためどのツイートのことか教えてほしい」

 ・教えてあげる。「あなたのことではない、他のニセ科学批判者のことを言っている

 ・それ以降も「私のことか?」とニセ科学批判者たちが次々と現れるので、「あなたのことではない、他のニセ科学批判者のことを言っている」と返事してあげる。

 ・「結局だれのことやねん、具体的な名前と具体的なツイートを示してほしいねん」とニセ科学批判者たちがそろって言い出すので、答えてあげる。
 「諸君の胸の内に聞きたまえ、そうすれば具体的な名前が『じわあっ』と浮かび上がってくる」
 「以上で、具体的な解決方法の説明を終えるとする」

 ・これを聞いたニセ科学批判者たちは、「だめだこりゃ、これ以上のやり取りは時間の無駄じゃ」と言って帰る。

 ・その後ろ姿を確認したうえで、次のように宣言する。
 「あのニセ科学批判者たちは、何ら具体的な反論ができずに沈黙した。ゆえに、私の主張のほうが正しかったという理屈になる

 これで、一人勝ちを達成できたことになる。

 読者さまも、「あのクラスタの一部の人達の主張が気に入らないので、ダメ出ししたい。でも、具体的にダメ出しすると、具体的な議論が始まる恐れがある。そんな事態は嫌だ。さて、どうすべきか?」という心境になった際は、この方法を選択肢の一つに入れておこう。

 (この記事は、次の「はてなブックマーク」にインスピレーションして作りました)
 “。ニセ科学批判の少なくない人が、いまこのような無理筋な左派批判にはまっていて、” そうなのか? というか、曖昧なことを言わずにメンバのリストでも作って、そこに名前をつけて、集合を定義すれば良いのに。 - ublftboのコメント - はてなブックマーク