創作小話『批判的な態度はやめるべきと述べたブロガー』

 ニセ科学問題については中立の傍観者だと名乗るAさんが、自ブログで主張しました。
 「最近のネット上は、ニセ科学批判だとか、ニセ医学批判だとか、罵倒芸イオン批判だとか、」
 「なにかと批判的な言論を発信する者が多くなったが、これはダメな傾向である」

 「批判の相手がモヒカン的な思考の人ならばともかく、そうでもない人が相手だった場合は、100パーセント反発されて、『だれがニセ科学批判者と話をするものか!』と言われて、対話が物別れに終わる」

 「優しい言葉を発信すれば、たとえ相手が頑固なニセ科学擁護者であっても、気持ちが打ち解けて、暖かい雰囲気が生まれて、対話がすいすい進んで、相互理解に至って、オフ会の約束をして終わる」

 「というわけで、今日からニセ科学批判者たちの諸君は、批判的な態度を永遠に封印したまえ
 「できないのであれば、引退してネット上から消えたまえ

 聞き終えた一人のニセ科学批判者が、意見しました。
 「まずは、Aさんが批判的な態度を封印してください」
 「そうすれば、Aさんの言葉に説得力を感じて賛同を表明する読者が、一人くらいは現れると思います」

 【教訓】これは、初めに手本を示してからニセ科学批判批判を実行すると、そうしない場合よりもニセ科学批判者たちの感心を生み出せるというお話です。