創作小話『礼儀を重視するブロガーと罵倒芸の読者』

 その礼儀を重視する論者のAさんは、自分のブログでネットマナーがいかに大切であるかを説教していました。
 しかし、説教を聞く人は居らず、閑古鳥が鳴くばかりでした。
 己の無力をAさんが嘆いていると、罵倒芸の論者が現れて言いました。
 「静寂なブログで清楚な礼儀を説けているのだから、あなたに何ら不足はないだろう」

『教訓』これは、どんなに妥当な主張であっても、文句をつけてあげようと思えばいくらでもつけられるというお話です。