ネタのお言葉『季文子、ニセ科学批判批判を三たび思いたのちに行う、これを聞いた孔子いわく、再び思う時点で可なり』

 この言葉は、論語の「季文子(きぶんし)、三たび思いてしかる後に行う。子、これを聞きて曰わく、再びせばこれ可なり」のニセ科学批判批判版である。
 【意訳
 魯の宰相だった季文子は、ニセ科学批判批判の文章をネット上で公開する前には、いつも三回見返して誤字脱字や論理の飛躍がないかどうか、念入りにチェックしていました。
 これを知った孔子は、「原稿の見返しは二回でよいでしょう」と言いました。
 【意訳、終わり
 当時、季文子は自分のブログを開設する際に、
 「読者さまは簡潔明瞭なニセ科学批判批判を望んでおられます、私もそれに応えるブロガーでありたいと思っています、」
 「ゆえに、限界まで短縮したニセ科学批判批判の文章を作って日々提供する所存です」
 と表明し、そのとおり実行して読者を大いに喜ばせた。
 孔子も季文子のコメント作成能力を高く評価しており、三回の推敲は過剰に慎重を期していると考えて、二回までの推敲で十分に完成したニセ科学批判批判の文章が作れると助言したのである。