ネタのお言葉『そもそもを見定めたあとのdisは、これ賢の罵倒芸か』

 この言葉は、論語の「抑々(そもそも)亦(また)先(ま)ず覚る者は、是(これ)賢か」の罵倒芸版である。
 【意訳
 孔子が言いました。「他人が発したdisに裏の意図があるかもしれないなどと、疑ったりしないことです」
 「自分が発したdisに他人から信憑性を疑われているかもしれないなどと、心配しないことです」
 「ネット上の他所で発生した騒動にも直ちに飛びつかず、全体像を把握したうえで毒吐きの評論を放ってあげましょう」
 「これが自然にできるようであれば、まず賢者の罵倒芸といえるでしょう」
 【意訳、終わり】 
 他人が公開したdisコメントを読む際は、変な解釈をしないで書いてある文面の通りに受けとめる。
 自分が仕上げたdisコメントは、「趣旨がちゃんと読者に伝わるだろうか」などと悩まず、自信を持って公開する。

 罵詈雑言の応酬でリソースを無駄に消費しているログを見つけたときは、「そもそもの論点はなんでしたの?」と言ってログを通読し、論点を理解し、「それ以上の脱線は許しませんわ」とログに居る皆を叱りつけて本論に戻してあげる。
 これが賢い罵倒芸の有りようであり、いついかなる状況でも無意識に実行できるのが理想と孔子は指摘していたのである。

 賢者の罵倒芸どころか隠者の罵倒芸すら悟っていない今の私であるが、無意識といわずも意図して動いて結果を残す論者のレベルくらいには辿り着きたい。