ネタのお言葉『君子のdisを求む者に三畏あり』

 この言葉は、論語の「君子に三畏(さんい)あり」の罵倒芸版である。
 【意訳
 孔子が言いました。「君子的な罵倒芸を探究している人は、次の三つのものを畏(おそ)れます」
 「一つ目は、ネット上のdisり合いを天から見守っている空飛ぶスパゲッティ・モンスター」
 「二つ目は、数十年にわたってネット上でdisり合いを行って、経験値がかなり溜まっているベテランの罵倒芸論者」
 「三つ目は、もはや色々と悟っているために、滅多なことでは他所のdisり合いに参加しない隠者的な罵倒芸の論者」

 「つまらない罵倒芸で満足している人は、これら三つのものの実力を正確に把握することができないために、自分のほうが格上だと思い込み、余裕の態度で論戦を挑んで返り討ちに遭い、聴衆から失笑されます」
 【意訳、終わり
 私の場合、「疫学の知識がほぼゼロの状態で疫学の玄人たちに論戦を挑み、返り討ちに遭ったうえで後釣り宣言する」という芸を身に着けたいと思っていたのだが、「それはつまらない芸である」と孔子が評していたのを知った今、断念すべきかどうか迷っている。

 なにしろ、「疫学の素人は最強だ、自分にとって都合の良い論を好き放題に述べることができる気楽な立場だ、確証バイアスを駆使して議論の勝ちを狙うスタイルってカッコイイよね」という考えから、なかなか抜け出せないのである。

 ゆえに、孔子の言葉は思考の引き出しの奥にしまっておき、もうしばらく疫学の素人の立場を維持する所存である。
 (注:「なにを言っていますの?」と思った読者様は、私と違う芸風を模索したほうが無難である)