「ニセ科学批判カルト」という言葉を使用して一人勝ちを収める方法

 ・まずは、ネット上に数多ある記事の中から、「執筆者がニセ科学批判者にもかかわらず、論理の飛躍がありえないくらいに散りばめられている記事」を探す。

 ・見つけたら、次のように感想を述べる。
 「どういうことだ、あのニセ科学批判者は? ダメすぎな記事を書くにも程がある」
 「しかも他のニセ科学批判者たちは、全員がだんまりを決めている有りさま」

 「ニセ科学推進者が書いた記事については『これでもかっ』というくらい糾弾するくせに、身内のダメな記事に対しては『カッコー、カッコー』と閑古鳥が鳴くほどに絶対の沈黙をつらぬく態度、まさに【ニセ科学批判カルト】といえよう」

 ・このように述べると、一人勝ちを達成したことになる。

 【この芸の注意点
 次のように反論してくるニセ科学批判者が現れる可能性も、ゼロでない。
 「そのダメな記事について、私は自分のブログやツイッターで朝に夕に言及しています」
 「しかも、『これでもか……これでもかあっ!?』というほどに糾弾しています、どうぞお読みください」

 この場合、次のように返事する。
 「なるほど、たしかにあなたは身内に対しても厳しい意見を言えるニセ科学批判者のようだ」
 「しかし、あなたは例外の存在にすぎない」
 「ゆえに、ネット上で活動しているニセ科学批判者たちに向かって、この私が【ニセ科学批判カルト】という評を下す行為に何ら問題はないという理屈になる」

 このように述べると、二勝目を達成したことになる。

 「そのニセ科学批判者のダメな記事について私は黙っているどころか厳しく批判していますよ」と言ってくるニセ科学批判者は、もしかしたら数十人、数百人と次々に現われるかもしれない。
 そのときに、
 「おや、けっこう身内を批判しているニセ科学批判者が居るようだ、【ニセ科学批判カルト】と評したのは早計だったかな?」
 と弱気にならず、
 「あなたは例外の存在にすぎない、ゆえに私の【ニセ科学批判カルト】という評は的外れでない」というセリフの一点張りで頑張ろう。
 どんどん自分一人の勝利が積み重なっていく。

 「そんなの主観的な勝利ですやん、客観的には信用をどんどん失っていますやん」と思われた御方は、この芸を実行しても失敗に終わる可能性が高い。
 「そのような勝ち方をよしとする立場もあるのだな、私にはまったく理解できない立場だけれど」という感じで思考のクラウドにそっとしまっておこう。

 以上、「ニセ科学批判カルト」という言葉を使用して一人勝ちを収める方法であった。
 (この記事は、次のはてなブックマークを読んだあとで作りました)
 はてなブックマーク - なんだこれ…。ニセ科学批判教団、村中全面擁護だったなあ-んで、連中、「理系が裁判官にいないのガー」とかやってるらしく、まさしくカルトである。 - Cunliffeのコメント - はてなブックマーク