「私はあの論者が嫌いだ、ゆえに私は、あの論者の主張を全て否定する」というスタンスのニセ科学批判批判は最良か?

 ニセ科学批判批判を行う際のスタンスとして、次の三つが考えられる。

 その1:「私は○○氏が嫌いである。ゆえに私は、○○氏の言うこと全てに反対を表明する」

 その2:「私は○○氏が嫌いである。だからといって、○○氏の言うこと全てに反対するのも変な気がする」
 「というわけで、○○氏が何か主張するたびに検証を行い、『これはアカン内容ですやん』と判断したときに限ってダメ出しする」

 その3:「私は○○氏が嫌いである。しかし、」
 『○○氏に対する私情を脇に置き、○○氏が述べる主張の内容のみに神経を集中する。それが、クールヘッドなニセ科学批判批判だ』
 「と思う私も居たりする」
 「では、どうするか? ○○氏が良いことを述べたときは褒めてあげ、ダメなことを述べたときはdisり倒す。これが、現実解である」

 以上の三つのうち、『その1』のスタンスが最良と思われる。
 なにしろ、自分が嫌っているニセ科学批判者の言うことを頭ごなしに否定するだけなので、楽に実行できる。

 それに比べて『その2』のスタンスは、「なにかしら主張されるたびに内容をいちいち検証しなければならず、とっても面倒」というデメリットがある。

 『その3』のスタンスは、「主張の内容をいちいち検証するのって面倒」というデメリットに加えて、
 「検証の結果が良かった場合、『妥当な主張の公開、大儀である』というお褒めのコメントを作って投稿ボタンを押すわけだが、この作業がけっこう面倒」
 というデメリットがある。

 ゆえに、『その1』のスタンスが最良という結論になる。

 「最良ではなく最悪でしょう」と思われた御方は、『その1』のスタンスでニセ科学批判批判を行うと多大なストレスを感じてしまうだろう。
 そのときは、「嫌いなニセ科学批判者のツイートやブログは、ひとつも見ない」というスタンスに切り替えてストレスを解消しよう。

 (この記事は、次のはてなブックマークを読んだあとで作りました)
 はてなブックマーク - 良い方のニセ科学バスター菊池教授。ダメな方じゃなくて良かった - IkaMaruのコメント - はてなブックマーク