創作小話『匿名のニセ科学批判者よりも実名のニセ科学推進者を信頼するほうがマシと述べたブロガー』

 ネット上で活動するニセ科学批判者たちの姿を一通り眺めたAさんは、感想を述べました。
 「感情論を排除し、理屈を振りかざし、ウォームハートのかけらもない冷徹な態度、共感できる部分がひとつもない」
 「ゆえに私は、今からニセ科学批判批判を行うと決めた」

 さっそくAさんは、自分のブログで主張しました。
 「ニセ科学批判者たちの大半は匿名で活動しているが、これはダメである」
 「なぜならば、一般市民たちは実名で活動している論者のほうに、より高い信頼性を見出すからである」

 「この事実により、匿名のニセ科学批判者たちは実名を明かしたうえで活動すべきという結論になる」
 「実名を明らかにできないニセ科学批判者は、引退を表明してネット上から消えたまえ」
 「信頼性の低い匿名でありながら、『世間に正しい科学を啓蒙いたします』などと嘯くニセ科学批判者たちは、勘違いが甚だしいのである」

 すると、匿名のニセ科学批判者たちが現れて、議論をふっかけてきました。
 しばらく付き合ってあげていたAさんでしたが、しだいに面倒となり、ついには投げやりな気持ちで言いました。
 「やはり、匿名のニセ科学批判者たちはダメである」

 「科学の素人である私に向かって、」
 『主張の中身に反論せずに論者の属性を云々するのは、【人格攻撃】では?』
 「とか、」
 『主張の中身に反論せずに匿名実名を云々するのは、【論点のすり替え】では?』
 「とか、」
 『匿名の論者が言うことは信頼性が低い、実名の論者が言うことは信頼性が高い、という考え方は【誤った二分法】では?』
 「とか、」
 『主張の中身には反論できない、しかし何かしら物申したい、そうだ匿名実名の話を持ち出そう、少なくとも自分の個人的な溜飲を下げることはできる、という考え方は【認知的不協和】のダメな解消の仕方では?』
 「などと、すぐに答えるには難しい問いを一斉に放つとは何事か」

 「おかげで私は、」
 『えっ? ちょ、ちょっと待って、そんなに知らない用語をいっぺんに畳み掛けられると、思考が、思考が、てべぼ!』
 「という感じで、漫画の『北斗の拳』に登場するキャラの監督の修羅さん風に追い込まれたではないか」

 「実に、不愉快な思いをさせる連中である」
 「こんなことならば、実名を明かして活動しているニセ科学推進者を信頼するほうが、よっぽどマシである」

 これを聞いた匿名のニセ科学批判者たちは、「これ以上のやり取りは時間の無駄」と判断して帰りました。
 入れかわりで、ハイエナジーなネットモヒカンたちが来ました。
 「ひゃっはっは、言うにこと欠いたブロガーだあ!」
 「見ろ、あの必死のニセ科学擁護論をよ!」

 「ふっふっふ、ニセ科学に利する発言をするブログが見つかったようだな。俺たちのオアシス(修正の対象)が見つかったあ!」
 「非合理な言論を見せられた時は、すぐのdisりで応対してあげる! それが、モヒカン的思考の鉄則だ!」
 「たのしい、たのしい、説教の時間だ……」

 その後、Aさんのブログはネットモヒカンたちによって閉鎖に追い込まれました。

 【教訓】この話は、議論の継続を面倒に感じて打ち切ろうとした際に余計なことを言ってしまうと、さらにしんどい議論へと移行して疲弊度が増すという現実を明らかにしています。

 (この記事は、次のブログのコメント欄を読んだあとで作りました)
 トンデモさんリスト(適宜追加する予定) - NATROMのブログ

 スカイハイ555さんのコメント(2019-03-29 16:55)
 自分の言う事と違うことを言ってる←トンデモのレッテル貼り乙www
 ねぇねぇ、「医師はサービス業」って、分かるぅ?
 テメェは素性を隠して、非・主流派を攻撃してるだけ。
 名前を名乗って、言う通りの事をクリニックで実践してる、内海聡の方がテメェより数十億倍信頼できる。
 あ…ところで、メタモル出版はどうなったのかなぁ?www

創作小話『良いニセ科学批判に比べてダメなニセ科学批判は50倍も多いと述べたブロガー』

 ニセ科学批判批判者であるAさんが、自ブログで主張しました。
 「ネット上で公開されている数多のニセ科学批判的な記事を調べたところ、」
 「良いニセ科学批判に比べてダメなニセ科学批判のほうが、50倍も多かった」
 「これは遺憾な状況であり、世のニセ科学批判者たちは一斉に反省したまえ」

 ニセ科学批判者たちが現れて言いました。
 「興味がありますので、具体的なデータを教えてください」

 Aさんは反論しました。
 「具体的なデータを示す義務は、諸君にある」
 「立証責任の転嫁ではない」

 それを聞いたニセ科学批判者たちは、
 「まともな議論ができない相手のようだ、かかわるだけ時間の無駄だ」
 と判断して去りました。

 その後ろ姿を確認したうえで、Aさんは勝利宣言しました。
 「あの者たちは反論もせずに帰っていった」
 「ゆえに、私の主張は正しかったという理屈になる」

 数日後、納得しきれない一人のニセ科学批判者が現れて、再び具体的なデータの提示を求めてきました。
 Aさんは、
 「それは貴公の仕事である」
 と言ってあげましたが、ニセ科学批判者はしつこく食い下がりました。

 Aさんは、しばらく相手をしてあげましたが、
 「立証責任の転嫁で頑張るのも飽きてきた」
 と思い、タネ明かししました。

 「私の好みを基準として、」
 『あれは良いニセ科学批判の記事だな』
 『これはダメなニセ科学批判の記事だな』
 「と選別していると、良いニセ科学批判の記事が1本、ダメなニセ科学批判の記事が50本となった」

 「しかもこれは、私の個人的な観測範囲内に限った話であり、」
 「観測範囲外にあるニセ科学批判の記事については一つも実態を知らない」
 「これで貴公の疑問は解決した、あとは帰るのみである」

 ニセ科学批判者は、帰らずに言いました。
 「そのことをブログの記事に追記してください」
 「そうすれば他のニセ科学批判者たちも、」
 『なるほど、50倍とはAさんの好み次第の値だったのですねって、なんじゃそら!?』
 「とリアクションしてくれます」

 これを聞いたAさんは、
 「一読者の分際で私に指図するとは何事か」
 と不満を覚え、ニセ科学批判者をブロックしました。

 【教訓】この話は、立証責任の転嫁を続けていると事態がますますややこしい方向に進んで不満な思いが強まるばかりという現実を明らかにしています。

創作小話『ウルトラマンの音楽の「ワンダバ」風に感想を述べた者たち』

 あるブロガーのAさんが、愛読者たちに向かって説教しました。
 「ネット上で議論を行う際には、罵倒の言葉を使用してはいけません」
 「たとえ、異論を述べる相手が悪い態度に終始していたとしても、あなた方は礼儀の態度に徹するべきです」
 「それこそが、大人の論者というものなのです」

 Aさんが言い終えると、態度の悪い異論者が現れました。
 それを見たAさんは、罵詈雑言で応対しました。
 一通りdisってあげた後、Aさんはすがすがしい表情で言いました。
 「ああ、すっきりした」
 「相手が悪い態度を見せていたんだもん、こちらが遠慮する必要はないんだものね!」

 それを聞いた愛読者たちは、「帰ってきたウルトラマン」で使用された音楽の「ワンダバ」風に感想を述べました。
 「ダブスタだ・ダブスタだ・ダブスタなのだ……」
 「ダブスタだ・ダブスタだ・ダブスタなのだ……」
 「信用が・すこぶる・ダウンしたのだ……」
 「呆れたから・帰路を・スタスタなのだ……」

 言い終えた愛読者たちは、Aさんのブログから去りました。
 その後ろ姿を見送ったAさんは、「言うは易し、行うは難し」という言葉の意味を痛感しながらブログを閉鎖しました。

 以上、「ウルトラマンの音楽の『ワンダバ』風に感想を述べた者たち」というお話でした。

創作小話『ニセ科学批判者ならば事実誤認に基づく非難も笑顔で受けとめるべきと主張した者』

 ニセ科学批判者たちに向かってAさんが主張しました。
 「ニセ科学を軽い気持ちで信じている人のツイートを読んだときは、無言でそっと離れるべきである」
 「無言でそっと離れるのが嫌ならば、やさしくて温和でふわあっとしたダメ出しを送り、遠まわしの自覚に導いてあげるべきである」
 「相手がふわあっとしたダメ出しを受け付けず、それどころか、逆に事実誤認に基づく非難を述べ始めても、諸君は笑顔で受けとめるべきである」

 「どこまでも聖人君子の態度を貫いて、いつまでも事実誤認に基づく非難を笑顔で受けとめる」
 「すると、しだいに相手は、【なぜに笑顔でいられるのか?】と疑念を抱き始め、」
 【自分の非難は間違っているのではないか、自分の信じている説はニセ科学ではないか?】
 「と思い始め、ついには確信となり、」
 【ああ、私はなんとダメすぎな言説を支持していたことか!】
 「と悟り、感謝の言葉を述べて議論の場を去る」
 「この流れこそ、真のニセ科学批判である」
 「というわけで、さっそく諸君は実行したまえ」

 聞き終えたニセ科学批判者たちは、感想を述べました。
 「そう思うのならば、Aさん自身でおこなって成果を出してください、その際は参考にします」

 Aさんは、自分の立場を説明しました。
 「この私は、第三者で中立の傍観者であり、この立ち位置を末永く維持したいと考えている者である」
 「ゆえに、私自身でニセ科学批判を行う筋合いは、一つもないという理屈になる」
 「以上で、演説を終えるとする」

 ニセ科学批判者たちは、二度目の感想を述べました。「Aさんの言いたいことは分かりました」
 「そのうえで、私たちは理想のニセ科学批判の形を自分自身で見極めたいと改めて思いました」
 「つまり、Aさんの主張に沿ったニセ科学批判を採り入れる者は、私たちの中に一人も現れなかったという有りさまです」

 【教訓】この話は、「事実誤認に基づく非難でも笑顔で受けとめる」という態度を自分自身では実行する気がない人の場合、他人に向かってするように呼びかけても冷たい反応しかもらえないという現実を明らかにしています。
 (この記事は、次のツイートにインスピレーションして作りました)
https://twitter.com/NATROM/status/1005956763865059328
https://twitter.com/NATROM/status/1005956841656934401
https://twitter.com/NATROM/status/1005957044124303361

創作小話『新人とベテランが競ったニセ科学批判批判』

 新人のニセ科学批判批判者であるAさんが、ベテランのニセ科学批判批判者であるBさんと公開討論を行いました。
 Aさんは、「僕は無知な論者だよ、しかも無知な聴衆の代弁者なんだよ」と名乗ったあとで、山ほど自己主張しました。
 自己主張しすぎて疲れ果てながらもAさんは、「Bさんは何ら反論できないようだ、僕の完全勝利だな」と確信しました。

 すると、公開討論の開始からずっと黙っていたBさんは、やっと反論の言葉を述べました。
 「ニセ科学とまともな科学は、相対的に同じなのじゃ。すべては相対なんじゃのう。うんうん」

 これを聞いたAさんは、「ずるいぞ、そんな無敵のニセ科学批判批判を実行するなんて!」と悔しがりましたが、自分のニセ科学批判批判に関する知識はすべて出し尽くしていたので再反論ができず、諦めて退場しました。

 『教訓』この話は、そこまで強調するかというほど無知を誇示する論者は自分に絶対の自信を持っているということを教えています。
 (この話は、以下のサイトの記事にインスピレーションして作りました)
ゼウスとアポロン <福娘童話集 きょうのイソップ童話>
http://hukumusume.com/douwa/pc/aesop/08/16.htm

創作小話『急に世間から持てはやされた逆張り芸のブロガー』

 その逆張り論者で過疎ブロガーでもあるAさんは、ニセ科学批判者たちが新たなツイートを公開するたびに正反対の主張を自ブログに書いていました。

 ある日、いつものように逆張りの記事を公開すると、たちまち大反響となりました。
 そのすべてが賞賛の声でした。Aさんは感心しました。
 「ついに一般市民たちは、ニセ科学批判者たちの主張に見切りをつけたようだ」
 「私の記事のほうが正しいことを、ようやく一般市民たちは理解したのだ」
 「これからは、私がニセ科学問題のイニシアチブを執る時代なのだ

 すると、一人の読者が現れて意見しました。
 「今回、Aさんの記事が多くの人から支持された理由を、お伝えします」
 「どうやらニセ科学批判者たちが、ひとつも推敲していないツイートを、そのままネット上に公開したようです」
 「いや、本当にダメすぎるツイートでした」
 「そのダメすぎるツイートを、Aさんは素直に逆張りしたために、科学的に全く正しい内容のブログ記事が仕上がったのです」
 「そのために、Aさんのブログ記事を読んだ人々は、」
 『やればできるブロガーではないですか!』
 『いままでダメなニセ科学批判批判を公開し続けていたのは、この前フリだったのですね!』
 「という感じで、盛り上がったのです」
 「以上で、報告を終えます」

 それを聞いたAさんは、嘆きました。
 「ああ、私は自分の実力で一般市民たちの支持を得たわけではなかったのだ」
 「いまの芸風を続けても、真の支持を得ることは永遠に叶わないのだ」
 「このうえは、引退するしかない」

 言い終えたAさんは、ただちにネット上から消えました。

 『教訓』これは、ニセ科学批判者たちが発表するコメントの内容をしっかりと把握したのちに逆張りするか否かを判断しましょうというお話です。

創作小話『悪しき相対主義を丸呑みしたブロガー』

 その主人公であるAさんは、ニセ科学批判批判者たちが集まって議論しているログを眺めていました。
 そのログの中で、一際目立つ主張を行うBさんが居ました。
 「たしかに、ニセ科学は間違っています」
 「しかしながら、主流の科学も100パーセント正しいと断言できる代物ではありません」
 「ゆえに、ニセ科学と主流の科学は同等に扱うべきという理屈になります」

 それを聞いたAさんは、「よく分からないけれど、高尚な話には違いない」と見込みました。
 さっそくAさんはBさんのサイトを訪れて、全ページを読んで思考に取り入れました。
 次の日、Aさんは自ブログで主張しました。
 「ニセ科学と主流の科学は、同等なんだ」
 「ゆえに、ニセ科学を批判している人達は、まともな科学を批判していることになるんだ」 

 すると、ネットモヒカン族が現れて修正を始めました。
 いままで経験したことのない量のダメ出しをもらったAさんは、気持ちが悪くなりました。

 耐えかねてブログの閉鎖を決めたAさんは、最後に反省の言葉を述べました。
 「僕は愚かだった」
 「Bさんのサイトを夢中で読んだ後、『悪しき相対主義・ダメな相対主義・評判』というワードでネット検索することを、どうして思いつかなかったのだろう」

 『教訓』これは、聞いていて大いに感心したニセ科学批判批判の話であればあるほど、より内容を慎重に吟味したうえで自説に採り入れるべきというお話です。

創作小話『悪しき相対主義者と、ニセ科学問題を知らない一般人のブログ』

 苛烈なニセ科学批判者から修正されそうになった悪しき相対主義者が、ニセ科学問題とは無縁の一般人が運営しているブログのコメント欄に紛れ込みました。
 それに気がつない苛烈なニセ科学批判者は、他所に行ってしまいました。

 安心した悪しき相対主義者は、ニセ科学問題とは無縁の一般人が運営するブログに向かってコメントしました。
 「ニセ科学とまともな科学は、相対的に同じです」
 「ニセ科学を批判すると、まともな科学を批判したことになります」
 「つまり、ニセ科学批判者たちの正体は、まともな科学批判者だったのです」

 ニセ科学問題と無縁のブログ主は、「一体、なんのこと? 私のブログでは、そのような話は一つもしていないけれど?」と返事しました。
 それを聞きつけた苛烈なニセ科学批判者は、「あのブログのコメント欄に、探していた獲物が居る……」と察知し、駆けつけて見つけて修正しました。

 たくさんのダメ出しをもらいながら、悪しき相対主義者は反省しました。「この仕打ちは当然です」
 「なぜならば、いま居る場所は『ニセ科学問題を知らない一般人が運営しているブログ』にもかかわらず、私は『いつでもどこでもニセ科学批判批判をしたいの!』という気持ちを抑えることができなかったのですから」

【教訓】これは、ネット上では「ニセ科学批判批判を大いに発表してもよい場所」と「そうでもない場所」があるので、ニセ科学批判批判のコメントを投稿する際に画面をもう一度よく確認しておきましょうというお話です。

創作小話『苛烈なニセ科学批判者と相対主義ブロガー』

 ある苛烈なニセ科学批判者が、ネット上にあるニセ科学擁護論を片っ端から修正していました。
 そうしているうちに、次のような主張をする相対主義ブロガーを見つけました。
 「主流の科学も、絶対ではありません
 「主流の科学者たちが支持している説も、あくまで現時点では確からしい説のようだと思って支持しているにすぎません」
 「主流の科学が遠い未来に否定されてしまう可能性も、ゼロではありません
 「ゆえに、今あるニセ科学的な言説を頭ごなしに否定することは、思考が停止しているといえるでしょう」

 それを聞いた苛烈なニセ科学批判者がさっそく修正しようとすると、相対主義ブロガーは釈明しました。
 「この私は、ニセ科学に対して積極的な支持を表明したことなど、過去から現在まで一度もありません」
 「それどころか、世のニセ科学批判者達の大半は、私の主張を聞いていつも笑ってくれています
 「私の笑えるブログを修正して閉鎖に追い込めば、そのニセ科学批判者達の楽しみが一つ消えることになります」
 「そのような事態は悲しい未来だと私は考えますが、いかがなものでしょうか」

 聞き終えた苛烈なニセ科学批判者は、「一理ある」と納得して帰りました。

教訓】この話は、たとえニセ科学問題について相対主義的な意見を述べたとしても、『ニセ科学を積極的に支持するような表明』さえしなければ、比較的平穏なネット人生を送れるということを教えています。

創作小話『空飛ぶスパゲッティ・モンスターから試されたニセ科学批判批判者』

 そのニセ科学批判批判者であるAさんは、一部の読者から高く評価されていました。
 それを知った空飛ぶスパゲッティ・モンスターは、
 「なるほど賢そうな人間だ、あの様子ならば、ニセ科学批判も立派にやり遂げるであろう」
 と考えて、Aさんをニセ科学批判ブログの管理人にしてあげました。

 しかし、一抹の不安を覚えた空飛ぶスパゲッティ・モンスターは、Aさんを試すことにしました。
 「科学的な議論を前にして、客観的な意見ばかりを述べたならば合格としよう」

 その後、空飛ぶスパゲッティ・モンスターと科学的な議論を始めたAさんは、
 最初は客観的な意見を述べていたものの、多大なストレスを感じたので、
 方針を転換し、主観を根拠にした意見で押し通しました。

 それを見た空飛ぶスパゲッティ・モンスターは、
 「やはりニセ科学批判批判者は、どこまでもニセ科学批判批判者なのだ」
 と言って、Aさんをニセ科学批判ブログの管理人から外しました。

 【教訓】これは、表面上の態度はすぐに変えることが可能でも、思考回路までを簡単に変えることは難しいというお話です。