創作小話『三びきのやぎのがらがらどん的なニセ科学批判者たち』

 三人のニセ科学批判者が、昼寝をするために草原の丘を目指して家を出発しました。

 途中の橋がかかっている場所に、迂遠な話を得意とするトロ-ルが居ました。
 「こんにちは。私は、いついかなる議論の場においても、絶対的な傍観者という立ち位置を堅持してコメントする者です」
 「というわけで、今からあいまいで抽象的な前フリを長々と述べたあと、結論に一般論を提示して締めくくります」
 「その結果、あなたは消耗感におそわれます」

 それを聞いた一人目のニセ科学批判者は、言いました。
 「この私は、相手の心情に寄り添うことを大事にする穏健タイプのニセ科学批判者ですから、消耗どころか同情の気持ちが起きます」
 「あとから来る人に、聞かせてあげたらどうですか」
 「手応えがあるかもしれませんよ」

 二人目のニセ科学批判者も、同じようなことを言いました。
 「私は普通のニセ科学批判者ですから、普通に聞くことしかできません」
 「あとから来る人ならば、手応えがあるでしょう」

 三人目は苛烈なニセ科学批判者だったので、トロ-ルの言説を徹底的に修正して退けました。

 こうして三人は、草原の丘でたっぷりと昼寝をすることができました。
 (この小話は、次の記事を読んだあとで作りました)
 三びきのやぎのがらがらどん - Wikipedia

創作小話『教科書を二度読みますと言った者』

 ニセ科学を強固に擁護してブログが炎上したAさんは、ネット上で偶然に見つけた穏健なニセ科学批判者に願いました。
 「炎上をとめてください」
 「科学の素人である私の心情に寄り添って、擁護してください」
 「そうすれば、考えを変えて、科学に関する教科書を読みます」

 穏健なニセ科学批判者は、願いを聞き入れてAさんを擁護しました。
 炎上は、とまりました。
 その後、Aさんは科学に関する教科書を一冊も読みませんでした。読まない自分を、誇りさえしました。

 しばらく時が経ったころ、またもAさんはニセ科学を強固に擁護しました。ブログが、炎上しました。
 Aさんは、ネット上で偶然に見つけた苛烈なニセ科学批判者に願いました。
 「炎上をとめてください」
 「そうすれば、考えを変えて、科学に関する教科書を読みます」

 苛烈なニセ科学批判者は言いました。
 「あなたが、最初に擁護してくれた穏健なニセ科学批判者と交わした約束を破っているのを、私は知っています」
 「どうして、今回の願いを信用できましょうか」

 言い終えた苛烈なニセ科学批判者は、Aさんの科学的に間違った主張をこれでもかというほど修正しました。

 『教訓』このように、ニセ科学を擁護してブログが炎上して誰かを頼りたくなったときは、心情を量ってくれるニセ科学批判者を見極めたうえで頼みましょう。

創作小話『空飛ぶスパゲッティ・モンスターから後釣り宣言の能力を授かった者』

 ニセ科学批判者たちと議論して自分の主張が認められなかったAさんは、空飛ぶスパゲッティ・モンスターに願いました。
 「私の発する言葉が、すべて勝ってしまうようにしてください」

 空飛ぶスパゲッティ・モンスターは願いを叶えてあげようとしましたが、少し虫の良い願いだと思い直し、「後釣り宣言の能力」を授けました。

 その後、Aさんは議論で勝ち続けると同時に信用を下げ続けてネット人生を終えました。

 【教訓】この話は、「自分の信用低下も厭わない、とにかく論敵をやりこめたらそれでよい」というタイプの論者に語ってあげると良いでしょう。

創作小話『科学素人と悪しき相対主義者と空飛ぶスパゲッティ・モンスター』

 科学素人のブログに、悪しき相対主義者が現れて言いました。
 「ニセ科学とまともな科学は、相対的に同じです」
 「ゆえに、」
 『ニセ科学を批判する行為=まともな科学を批判している行為』
 「という式が成り立ちます」
 「もちろんこれは、」
 『あまりに離れすぎた立ち位置からニセ科学問題を眺めた末の、ぼやあっとしたフォーカスの考察
 「という評が欲しくて言っているわけではありません」

 科学素人は、「なんのことか一つも分からないが、相手にするとややこしい議論に発展しそうだ」と判断して悪しき相対主義者を追い出しました。

 その後、なんとなく虚しい気持ちにおそわれた科学素人は、空飛ぶスパゲッティ・モンスターに向かって祈りました。
 「悪しき相対主義者を相手にするときでさえ、あなたは私を助けようとしないのですね」
 「そんなことでは、苛烈なニセ科学批判者が私のブログに現れたときに、どうやって助けるつもりですか」

 空飛ぶスパゲッティ・モンスターからの返事はありませんでした。
 科学素人は、がっかりしました。

 【教訓】このように、大したことをしていない状態で空飛ぶスパゲッティ・モンスターに祈っても成果は見込めず、時間の無駄に終わります。ブログ運営を尽くして天命を待ちましょう。

創作小話『逆張りとしてニセ科学擁護を勧めた科学素人ブロガー』

 その科学素人ブロガーであるAさんは、何気なくニセ科学擁護の記事を書きました。
 すると、たくさんのモヒカン的な読者が現れて、批判のコメントを続々と送ってきました。

 初めてのブログ炎上に戸惑ったAさんでしたが、ふと事態を打開する案が頭に浮かびました。

 さっそくAさんは、他の科学素人ブロガーたちを集めて言いました。
 「逆張りとして、ニセ科学擁護の記事を山ほど書くことを、皆さんにお勧めします」
 「そうすれば、皆さんの過疎ブログにたくさんの友好的な読者が現れて、ポジティブなコメントを続々と送ってくれます」

 他の科学素人ブロガーたちは言いました。
 「Aさんの魂胆は、わかっています」
 「私たちのブログを炎上させて、相対的にAさんのブログの印象を薄めることが目的なのでしょう」
 「というわけで、Aさんはネットモヒカン族の批判を今後も一身に受けていてください」

 『教訓:この話は、自分に送られてくる批判を他に分散させようと企んでも必ず失敗するということを教えています』

創作小話『科学リテラシーの高さを誇った新人のニセ科学批判ブロガー』

 そのニセ科学批判を始めたばかりのブロガーであるAさんは、ネット上で偶然に見つけた科学素人のブログに乗り込んで論破に成功しました。
 Aさんは、得意になって言いました。
 「ずいぶんと、あっさり勝てたものだなあ」
 「今の僕の科学リテラシーの高さなら、ベテランの苛烈なニセ科学批判者を相手にしても、楽に勝てるだろうなあ」

 すると、ベテランの苛烈なニセ科学批判者が現れて、Aさんのブログを読み始めました。

 過去ログの1ページ目から最新の記事まで漏れなく科学的な間違いをチェックして逐一修正する苛烈なニセ科学批判者の姿を見ながら、Aさんは言いました。
 「これは当然の結果だ」
 「どうして僕は、こうなる前に自分の科学リテラシーの程度をちゃんと把握しておかなかったのだろう」

 『教訓:この話は、自分の科学リテラシーの高さを過信すると直後に危険なことが起きるという現実を明らかにしています』

創作小話『自分の繰り返しに気がついたニセ科学批判者』

 そのニセ科学批判の新人ブロガーであるAさんは、初めてニセ科学擁護者と対話して、初めて説得に成功しました。

 一年後、Aさんは別のニセ科学擁護者と対話して、またも説得に成功しました。

 五年後も十年後も、Aさんは数多のニセ科学擁護者と対話して、すべて説得に成功しました。

 いまやAさんは、ベテランでやり手のニセ科学批判ブロガーとして、他のニセ科学批判者たちから尊敬される存在となっていました。

 そこへ、「ニセ科学批判者の盲点を指摘することにかけては宇宙一の傍観者」を自称するBさんが現れて、意見しました。
 「Aさんは、ニセ科学批判を始めた過去から現在に至るまで、同じことしか言っていない」

 「すなわち、いかにニセ科学が駄目なものかという説明だけである」
 「十数年にわたって新しさのない言論活動を行って、虚しくはないかね?」

 それを聞いたAさんは、虚しくなりました。
 「Bさんの言うとおりだ、この私はニセ科学の駄目さ加減を述べる言論しか発してこなかった」
 「こんな繰り返しのニセ科学批判ブロガー人生は、もううんざりだ」

 言い終えたAさんは、ブログを閉鎖してネット上から消えました。
 以上、「自分の繰り返しに気がついたニセ科学批判者」というお話でした。
 (この話は、以下の「はてなブックマーク」にインスピレーションして作りました)
 『はてなブックマーク - はてなブックマーク - mika_berryさんのツイート @ALC_V @cochonrouge @NATROM 検査すんなってか。検査が必要か否か、ってこの人専門家なん 甲状腺の。』

創作小話『画期的な言論だと噂されたブロガー』

 そのベテランの罵倒芸の論者であるAさんは、次のような噂を聞きつけた。

 噂:「画期的な言論でニセ科学批判批判を行うブロガーが、最近デビューしたらしい」
 噂:「まだニセ科学批判批判の経験が浅いにもかかわらず、常勝を保っているブロガーらしい」

 その噂に興味を持ったAさんは、さっそく当該のブログを訪れた。
 そこで見たのは、毎度おなじみの悪しき相対主義だった。
 「はい、ニセ科学とマトモな科学は、相対的に同じです(^^)v」
 「はい、あなたは唖然として黙ってしまいました、ゆえに私の主張の正しさが証明されたことになります(^^)v」
 「はい、今日も私の完全勝利で終わったのでした(^^)v」

 Aさんは、嘆息した。
 「噂を鵜呑みに信じて訪れた私が、愚かであった」

 Aさんは、そのブログをdisり倒して閉鎖に追い込んだ。

『教訓:この話は、悪しき相対主義的な言論を披露してきた者に語ってあげると良いだろう』

創作小話『過度な一般化を行っていた科学素人とネットモヒカン族』

 そのモヒカン的論者は、『自分の個人的な体験談を一般化して語ってドヤ顔を披露する人々が集っているブログ』を見つけたので、さっそくdisを送ろうとしました。

 すると、そのブログの愛読者の中の一人が自分の立場を釈明しました。
 「この私は、科学の素人です」
 「自分の個人的な体験談を一般化して語ってドヤ顔を披露する行為が、科学的に駄目な行為だとは全く知りませんでした」

 「そういうわけですので、嬉々として過度な一般化に勤しんでいた他の人たちはともかく、素朴で悪気のない善良な科学素人である私に対しては、disを呈さないでください」

 それを聞いたモヒカン的論者は、頷いて言いました。
 「なるほど、あなたの釈明内容は確かに事実なのでしょう」
 「しかしながら、私が把握している事実は、自分の個人的な体験談を一般化して語ってドヤ顔を披露していた人々の中に、あなたも含まれていたということです」

 「ゆえに、あなたは他の人たちと一緒に吊るし上げの目に遭ってもらうしかないのです」

 【教訓】この話は、個人的な体験談を一般化して語ってドヤ顔を決めたあとで同情を願っても手遅れということを教えています。

創作小話『隣同士のニセ科学批判批判者』

 ニセ科学批判批判ブロガーであるAさんが、顔見知りのニセ科学批判批判ブロガーであるBさんに声を掛けました。
 「Bさんは、あいかわらず熱量のあるニセ科学批判批判を展開していますね」
 「そんなことでは、疲労が蓄積して明日にでも倒れてしまうでしょう」
 「私の芸風を採り入れなさい」
 「のんびりと安楽椅子に座って、ネットの画面にぼんやりと向かって、他人事のようにニセ科学問題をもっさりと語っていたほうが、楽で良いですよ」

 Bさんは断りました。
 「この私は、ブログを開設したときから現在に至るまで、私怨的なニセ科学批判批判の記事を書き続けてきた」
 「そして、自分一人の勝利を重ねてきた」
 「ゆえに、この立場を変更するか否かを検討する必然性は一つもない、という結論になる」

 その直後、Bさんのブログはネットモカンたちに発見されてしまい、経験したことのない数の批判コメントをもらって神経を消耗し、閉鎖に追い込まれました。

 【教訓】この話は、過去の成功したケースにこだわる気持ちが強すぎて芸風の変更が臨機応変にできないニセ科学批判批判者に聞かせてあげると良いでしょう。